雨の日が楽しくなる!濡れると絵が浮き出てくるアート「Rainworks」

なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリートアート。雨で濡れた地面から、色々なデザインが浮かび上がりますーー。

たとえば、こんな風に!

“アートの力”で
雨の日でも元気に!

5a5cce649dca25449c723c28d46d345051578ba9

あら不思議!水に濡れると、何も描かれていない地面からイラストが浮かび上がりました。

10c207c724107fe71c001ed5f15f845d2e36d0c0

仕組みはこう。好きなかたちでデザインしたステンシルを地面に置いて、上から撥水スプレーをかけます。すると、雨に濡れた地面は変色しますが、撥水コーティングされた部分は水をはじき返して白い状態のまま。そのコントラストにより上のような作品が浮かび上がるというわけです。

464fcc3c7e7adfc3eca3284b659750e0dedb06ea

ちなみに、この撥水スプレーは、自然に分解される無害なものだそうなのでご安心を。

3e30c93f80fae8740ad99d155f8df4a93b8cefe202f3ad7645584294fdd024eeead1be8381d5341fC19125abae2b7c11d3f00feb3120a83f2c237563Bc117180ae3ef67a727b99c0f990079c3ed31009

浮かび上がるメッセージはどれもがポジティブなもの。心がほっこりしそう!

C7e46a1dbbde9b5e4e2e0018acd1f429da9e0ca732cc2242d3432e7b9412dddeebc3dce290a2b8a6153fc284af91f3f3e4b039935dd615f9a06f132f0e36c9ae5bea9507a784b9bb8fe765e96b5aca45

これらの作品は、ペレグリン・チャーチ氏を中心とするアート集団が生み出したもの。彼らは作品にこんなメッセージを込めているようです。

「僕たちはレインワークスを、雨の日を楽しむキッカケにしたいんだ。これから雨が降ると言われたときに、なぜそれを楽しもうとしないんだい?」

「Rainworks」のおかげで、シアトルの人たちは雨の日を待ち望んでいるかもしれませんね!

Licensed material used with permission by The Rainworks Team
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。で...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...