ウソだろ・・・?究極すぎる「石積みアート」の写真14枚

米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでくると究極のアートの世界!

根気強さ?集中力?もはやそんな言葉でも説明できない「ロック・バランシング」の妙技をご覧あれ。

もちろん、接着剤は
使ってません

Ff158598b1838919f53007bb3225a6008b106b08

「美しい…」と同時に湧き上がる「ウソでしょ…?」の感情。我が目を疑ってしまうほどの作品の数々。

グラブさん曰く、「バランスをとるために、石の三脚となる場所を見つけるんだ。それは大小問わず、どの石にもあるよ」とのことですが、その審美眼こそが真髄なのかも!?

4ede7feab2c613c3ff0b08d913b8b6f5391e57104bbace763a1bccec27b5582f73f9ef60df9bc65b860bfee4898a60ec484a3f7897e6d3c4e9662e88F9db2e7d02e8aff8a7312ebde5b6dc2ee5feb7abD70ee0c54e57d5bb121c592bbc049b1eed1135568050317dbf99aa865cc00c1fac30ec65328b7787672614eb33b77c4505e3fed8c4dc847e5ed277990bed522e24c86d5a9f6bac52d125989253ed0428164b59ddd9eae47646759c9834022fab67cd80ed1efd7b9d1f1a574038fcf61e4733a5bbbe3653b4004766dae56482df71ac9c31b8c220e2e2596347Bb6a8b00726fb854b4846c1cde080fd31e216e36

「禅」の境地

3a49f66ddb0e0d589d7b1819d2c41e3f5a4d7e26

一見、気が遠くなりそうな「ロック・バランシング」ですが、グラブさんにとっては瞑想やヨガをすることに近く、リラックスする方法のひとつだとか。

にわかには信じがたい…そんなアナタも決して少数派ではありません。ぜひ動画で、実際に石を積み上げていく姿(時には、石が崩れ落ちるシーン)も目の当たりにしてください。

Licensed material used with permission by Michael Grab
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...