100万個以上の「点」だけで描かれた作品がスゴイ・・・

獰猛なヒョウの表情を
生き生きと描いた一枚の絵

Medium 34a3772bd060252cc23aae2ed768f539efa6a184

そこには、ある秘密が。

Medium 4e56fdae2e31c4f390bd71fb62856a58cef98527

近づいてよ~く見ると…
すべてが点で描かれていた!

Medium 4a7ec0daeb8fd0168da86d52d10786742a6eae44493941d687b3adbd80afaf9c1b81d7ab6b9a64ca

フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0.1mmの超極細ペンを用いて、ただひたすらに点を落とし続けた大作だ。なんと、完成まで100時間。気の遠くなるような地味な作業だが、こうして完成品を見れば、点だけで描かれているとは到底思えない。

Medium 3dbd68979acbc4e5b5af3453f68d75762c73084a

「少なくとも100万個以上はドットを打ち続けているかもね」

集中力と根気を必要とする作業。Casaltaさんは、背中を丸め黙々とペン先を落としていく。作品と向き合い、毎日同じ作業を淡々と繰り返していく。23歳にして、早くも貫禄をかもし出すその背中には、「職人」の風格さえ漂っている。

もちろん、この植物も点描

Medium 5c678d794f5caf6f9bf07e5f19292d685ab25dcdMedium acb6879a536a43a7438d24c2de6ce94765902e6bMedium a2cdf0b43b5a6da9caccd494087d21a84de7f3efMedium 04f92c6226c703f2796392894f01759df84b7761

「生きもの」だって
ご覧のとおり

Medium d54b23ce14283b6144b19034a80d7683112e26f1Medium 0fb0a49983ed6eaac015d34d09d62dfef7d74f3eMedium 7f7c2fba1a557d39cc25d847e6967b73ed5e3743

髪の毛やヒゲが
線でなく「…」

Medium b13af831aa9c39f2a3767fe5057c987c5139bdc7

レンガの表情や陰影を
よく捉えている

Medium 2da22518da3a6625b934ffe3979c7418d37793b0Medium 7254082559529607916d3725a2d2cc6daf829ad9

現在、彼は点描をメインとしたレタリングやイラストなどにも精力的に挑んでいる。わずか、0.1mmの点から生まれる「点描ワールド」。メイキングの様子は以下の動画から。

Licensed material used with permission by Xavier Casalta, Facebook, Instagram
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
世界に1%程度と言われている、両利きの人。そんな珍しい「両利き」の日本人アーティスト、Toruさんはさらに珍しい技の持ち主。なんと、両手それぞれで、しかも...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
Reference:You Tubeバチカンのシスティーナ礼拝堂に描かれている壁画作品を照らす照明にLED(発光ダイオード)が導入された。使用された数は約...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...