独特アニメーション女子「シシヤマザキ」の個展が渋谷パルコで開催!(6月10日〜)

YUKIのミュージックビデオや、ルミネカードのCM映像などで広く知られるようになった彼女。もう知っている人も多いかもしれませんが、ここでは改めて。

かいつまんで紹介すると、動画を手描きの水彩画風に加工するロトスコープアーティスト。『シシガール』と称して自身の姿を登場させるのも特徴のひとつ。たとえばこの動画。

シシヤマザキって?

アニメだけど、その動きはめちゃくちゃ生。音楽との組み合わせも個性的。

この動画で使用されたのは、70年代にフランスの音楽プロデューサー、ジャン・クルーガーとダニエル・ヴァンギャルドが「Yamaski」名義で録音したアルバム『Le Monde Fabuleux des Yamasuki』の楽曲です。ちなみに、ダニエル・ヴァンギャルドはダフト・パンクのメンバー、トーマ・バンガルテルの父親。

二人がアルバムの録音前に日本語を学び、学生の合唱隊にデタラメな日本語を歌わせたというのは有名な話。そのほか目に焼き付くカラフルな映像も必見です。

6月6日には、早稲田大学のキャンパス内で踊る作品も公開され話題に。

ここで紹介する個展では、これまでに使われた原画が数多く展示販売されます。しかも、過去最高の展示数となるそうですよ。これは見逃せない!

原画展示販売のほか、新作も登場?
「Body Body 〜大漁〜」

Medium 012fb42a828936a204a7f6574a324fc5b6ff9e75

本人のコメントはこちら。

今年のシシヤマザキ大漁!大漁!大漁でございます!初夏の潮風を感じながら、とびきりめでたいひとときを...。水揚げされた新鮮な魚の群れのように、元気なシシガール達が、ピチピチと飛び跳ねるようにして待っております!加えて、これまで私が開催した展示の中では史上最多数のアニメーション原画を展示販売いたします!『YA-NE-SEN a Go Go』や『やますき、やまざき』をはじめと する代表作の原画が数多く取りそろえられております!新作もお披露目できるかも...!?賑わう市場のような空間も見所です!皆々様のご来場、心よりお待ちしております!

オリジナルグッズの販売はもちろん、6月11日(土)には本人が出演するお絵かきトークショーも開催。13時から1時間、ゲストにアニメーション作家のぬQを迎えて、濃ゆ〜い話が聴けるそうですよ。しかも無料だというから嬉しい限り。

その世界観に直接触れてみたくなったら、ぜひ!

【展示概要】

会場:PARCO GALLERY X(渋谷パルコ パート1・B1F)
期間:2016年6月10日(金)〜6月20日(月)
時間:10:00〜21:00(入場無料)
公式サイト:http://www.parco-art.com

Licensed material used with permission by Body Body 〜大漁〜
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
このMVは、アニメーションやストップモーションが好きなら必見です。その仕組みといえば要はパラパラ漫画。ただし、下からライトアップしたガラス板をキャンバスに...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
アメリカに暮らすアーティストGeorge  Redhawkさん。彼の画法は、絵が動き続けるgifアニメーションを駆使した「モーフィング」と呼ばれるもの。際...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
先日発売されたばかりのiPhone6s(さらにはiPhone6s plus)。3D Touchスクリーンや12メガピクセルの超高性能カメラといった機能面に...
ショートカットがお似合いのカワイイ女子高校生。同性から見ても、「さぞかし、モテるんだろうなぁ」と、羨ましくなってしまうほどのビジュアルです。ところが、この...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...