噂のバーガーショップ『BURGER ZAURUS』がシブヤ上陸!JUN WATANABEとハイロックの企画展が開催(6月18日〜)

1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BURGER ZAURUS』の前身だ。

3年後に店名を改めると、バーガー好きの間で瞬く間に人気に。80年代にはマクドナルドに次ぐ認知を得て、2016年までに全世界121カ国に約2万店舗を展開したというが、なぜだかあまり知られていない。しかし、来る6月18日、ついにその日本1号店となるポップアップショップが渋谷リルリール内に登場するのである!

「バーガーのない人生なんて考えられない」。

Medium 855d31e06b06bb8770ab9f2f6301accc4b773eabMedium 2d6149eea18b9266e4857ed01e6bcf615236ce3b

まず、創業者のコメントを紹介しよう。

H「僕らの冒険にハンバーガーはつきものさ、感謝祭でチキンの丸焼きを必ず食べるようにね。山歩きでも、カヌーの川下りをするときでも、必ず小型のバーナーとスキレットを持って行って、バンとパティ(肉)を焼いて、現地調達した野草をサンドして食べるんだ」。

J「ジャングルの中で食料が尽きれば、トカゲだって、ムース(鹿)だってサンドしちまうよ」。

出会いはアラスカ・ユーコン川上流にある小さなインディアンの村だったそうだ。

J「冒険とハンバーガーの話で会ってすぐに打ち解けたよ。だって最初からお互いの手にはハンバーガーがあったんだから」。

H「ハンバーガーのない人生なんて考えられないだろ、考えたくもないし。司会者のいないラジオプログラムみたいなもん。退屈ってことさ」。

きっと今までに体験したことのないワイルドなバーガーに出会えるであろうことは間違いだろう。しかし、一体どんなお店なのだろうかーー。と、ここでネタばらし。

JUN WATANABE×ハイロック
もしもこんなお店があったら…。

Medium c00fbf8a331ded4d52027d4d7ac15925f521111d

じつはこれ、クリエイティブディレクター・JUN WATANABE(写真左)とメディアクリエイター・ハイロック(右)によるART EXHIBITIONだ。『BURGER ZAURUS』は、ふたりが考えだした架空のバーガーショップであり、渋谷リルリール併設のギャラリーにて6月18日(土)〜7月31日(日)まで開催される企画展のことを意味している。

メニューやラッピングペーパー、お店のサインやポップ、ユニフォーム(Tシャツ・キャップ)などなど、その世界観にこだわった計15点のアイテムをインスタレーションアートとして展示・販売する。彼らのコラボは今回が初めてだ。

JUN WATANABEといえば、タミヤとのコラボデザインやスニーカーデザインでの活躍が知られている人物。代表作には『JUN WATANABE × ATMOS × REEBOK INSTA PUMP FURY』などがある。

ハイロックはアパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て同店の内装やメニュー、ギャラリーなどのクリエイティブ全般に携わるほか、メディアクリエイターとして各方面で活躍している、アメリカンカルチャーとモノをこよなく愛する人物。

それぞれ、特有のポップで親しみやすいデザインと、空間クリエイティブが融合した作品の数々は、年齢や性別を問わずに誰でも楽しめるもの。もちろん期間中は『BURGERZAURUS』のオリジナルハンバーガー、フレンチフライ、ミルクシェイクが味わえる。渋谷に行くならぜひチェックしてみよう。ワクワク!

【店舗概要】

■店名
LILʼRIRE CAFE(リルリールカフェ)

■住所
渋谷区松濤1-4-8(渋谷駅から徒歩10分)

■営業時間
11:30〜翌朝2:00

■営業日
年中無休

■席数
約80席(1F、 2F合計)

■webサイト
http://lilrire.com

■電話
03-5790-2944

Medium 26de8f947883802b1f5f95caf029084cbacafb9f
Licensed material used with permission by LILʼRIRE CAFE
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
恵比寿に新しい横丁ができるらしい。とはいえ、ワイワイガヤガヤした“元祖”恵比寿横丁のような雑多感はなく、より洗練されたイメージ。正直、駅からはちょっと距離...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
YUKIのミュージックビデオや、ルミネカードのCM映像などで広く知られるようになった彼女。もう知っている人も多いかもしれませんが、ここでは改めて。かいつま...
数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていない...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...