なぜかアメリカ人が夢中になっている「Sushi Burger」がスゴかった!

パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハイカロリーなものまで。もはややりたい放題。どうやらフードブロガーたちが火付け役のよう。では、ビジュアルインパクト大のハイブリッド寿司をどうぞ!

これもSushiと呼ぶ!?
スシバーガーがじわじわきてる

8ce41bf5b9fc2d0da1a162b81c80925554ddccd0
Photo by Condospalillos Japan

バンズをお米に代えた、日本で言うところのライスバーガーのようなこのシェイプ。各国でローカライズされ、その進化版とでも呼べる様々なSushiが、これまでにも数多登場してきた。最近では「スシブリトー」まである。

では、このスシバーガーブームは、いったい何故?なんせ「FOX News」もグルメコラム欄でわざわざ特集を組んで紹介するほどだ。曰く、ブームの背景には、これまで登場した「ラーメンバーガー」やスシブリトーなど、アメリカ人の口に受け入れやすいハイブリッド和食の成功が少なからず影響している様子。さらには、スシバーガーを提供する店も増え、フードブロガーを中心にInstagramがちょっとしたお祭り騒ぎとなっているようだ。

Photo by sobeautifullyraw

たとえば、こちらの女性フードブロガー。彼女が紹介したのは、ビーガンのためのスシバーガー。ジャックフルーツの薄切りを、照り焼きチキンに見立てて味付け、アボカド、赤キャベツ、紅しょうが、ビーガンマヨネーズをトッピングした。この投稿だけでも、3,500人以上がコメントし、2万件以上の“いいね”がついたことからも、人気の程が分かるのでは?

1b42314c73c0c3f5190b55b9dbd452effae26ea8
Photo by Superfood Sushi

照り焼きチキンをコールスロー、ケール、アボカド、赤キャベツなどと玄米ではさんだスシバーガー。これを両手で上手に食べることが、現実的に可能かどうかはわからない。

F1d4e81584390bbc9de8d9248962ff8a24f91ed7
Photo by Superfood Sushi

焼きおにぎりならぬ上下のライスをグリルしたバージョン。

D361d9040a5d19542404f115bb9cc9f1e05f92b7
Photo by © Fat & Furious Burger

最もオーソドックスに見えるのがこちら。スシバーガーという呼び名が違和感なく感じられる。が、どこかで物足りなさを感じたり?

まるでスイーツ!?

Photo by sobeautifullyraw

見方によってはマカロン。レインボーライスでサンドしているのは、アボカドとクリームチーズではなく、豆腐だそう。

Photo by the.colors.of.yum

マグロのスパイシータルタルと、グリル野菜をはさんだもの。上部のライスにはふりかけが。

ハイカロリーなスシもOK!

Photo by mrsushiburger
Photo by mrsushiburger

もはや「スシ」とは名ばかりである。要するにライスバーガーを総称して、スシバーガーと呼んでいるようだ。ただし、このライスバーガーが今に始まったことでないことは、FOX Newsも補足を入れている。

Photo by cravingsinamsterdam

サーモン、マグロ、エビ、照り焼きチキンに、カツ…。このバーガーの魅力はバラエティに富んだその中身にあると「NextShark」。彼らもインスタグラマーたちの狂乱ぶりを紹介している。

なんとも豪快なスシバーガーのつくり方を、下の動画で見てみよう。

Photo by deathroweats

最後は、揚げちゃいました。

Photo by tmakiexpress

揚げスシバーガーなんて変わり種も。ライスコロッケのイメージかとおもいきや、こちらはマッシュポテトを揚げたものをバンズ代わりにしているんだとか。

もう、スシという概念そのものは崩壊しているが、見た目などの正確さはさておきそのバリエーションとインパクトはあっぱれ。試してみたくなる感情を否定できないのもまた事実かもしれない。豪快な味がしそうだ。

Licensed material used with permission by Condospalillos Japan, Superfood Sushi, Fat & Furious Burger
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
カフェ・カンパニー代表の楠本修二郎さんと、TABI LABO代表 久志尚太郎の対談、後編は、「和食のもつ可能性」や「そもそも食べるということ」「瀬戸内の里...
最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。けれど、いちバーガーマニアの意見と...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...