食べてみたい?海外で独特の進化を遂げたクールな「SUSHI」

ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。

その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたものや、ベジタリアン向けに改良されたものなど、日本人にとっては新しすぎる味やスタイルのスシ。一体どんな味がするんでしょう。

かっぱ巻き進化版。

もはやライスはいらない?
ヘルシーすぎる寿司。

ライスの代わりに
キヌア寿司。

デザートにもなる?
マンゴーアボカド巻き。

ピンク寿司まで。

日本人ではなかなか思いつかないようなレシピの数々。それだけスシが色々な国で愛されてるってことですね。

Licensed material used with permission by Live Eat Learn
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームペー...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
効果的に栄養素を摂取するために覚えておきたいのが「食べ合わせ」。健康的な食生活が送れるだけでなく、生活習慣病の予防にもなるでしょう。ここでは、米国ジョージ...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
病院に行くほどでもないけど、日常的に起こる「体調不良」ってありますよね。腹痛や食欲不振などなど…。もちろん市販の薬に頼るのもいいのですが、食生活で改善して...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
「ちゃんとした食習慣を身につけたい」とは思うものの、本当に実践できている人はどのくらいいるのでしょうか?頻繁に、食事のあと不快に感じるほどお腹いっぱいに感...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...