やせたいあなたが見直すべきは「冷蔵庫」だった!その3つのステップとは

「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。

彼女によれば、運動をしなくても、つらいガマンをしなくても「冷蔵庫の使い方や中身」を見直すだけで、ダイエットはできるといいます。

ここでは書籍『やせる冷蔵庫』より、グチャグチャの冷蔵庫を変えるヒントをご紹介しましょう。

STEP 01.
冷蔵庫の中身を
全部出してみる

F0323e5fc0d2bdf60d870cd0c7aa93ebf98bf4c3

まず最初にやるべきは、部屋にブルーシートを敷き、冷蔵庫の中身をすべて出すことです。多くの人が「え、こんなにあるの?」と、その量にビックリするはず。

中身を全部出すのには、4つのメリットがあります。

・全体の量がわかる
どれほどの食材をためこんでいたか、自分の目で見て納得することができます。

・食品のダブりがわかる
一見、整って見える冷蔵庫でも、いざ中身を全部出すと同じものが何個も入っていることに気がつくはず。

・栄養の偏りがわかる
自分に不足しているもの、食べすぎているものが、ひと目でわかります。つまり食生活のバランスを知ることができるのです。

・さわって確かめると、食べるべきかどうかがすぐにわかる
冷蔵庫に“置いてあるだけ”ではわからなかった食品の状態も、いざ自分で手に取ると、しもがついていたり、ベタベタしていたり、状態がはっきり判別できます。

STEP 02.
捨てるか残すか
思いきってジャッジする

6baa40540ee368169399ea4f2a2eee6aa30ec7fe

次は、それらの食材を「捨てる」か「冷蔵庫に戻す」かを決めます。食べ物を捨てることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、ずっと放置していては栄養価も落ちますし、場合によっては体に有害になってしまうことすらあります。

健康的に「やせる」ためには冷蔵庫の中身をパンパンにせず、見やすくすることが大切です。判断基準は、以下の8つを参考に。

・自分の体にとりいれたくないもの
・変なにおいがするもの
・フタがないもの、ベトベトしたもの
・賞味期限、消費期限の過ぎているもの
・開けてから時間が経っているもの
・「いつ買ったか」「いつ使ったか」が即答できないもの
・糖質、脂質が多いもの
・2種類以上の粉もの

STEP 03.
冷蔵庫の定位置に
戻していく

654fdf0cc4f9ad858bc275188eaf14df5d04c8a3

「冷蔵庫に戻すもの=あなたの体になるもの」です。もし戻すときに迷うものがあったら、おもいきって捨ててしまうことをオススメします。

さて、戻す位置ですが「やせる冷蔵庫」にするポイントは、「すかすか・ぱんぱん」「定位置を決める」です。

「太るもの」が入るところは、すかすかに。
「太らないもの」が入るところは、ぱんぱんに。
そして、定位置に置く。
これが理想のセッティングです。

また、すべてのものがきちんと見えるように置きましょう。奥のほうに背が高いもの、手前は低いものにして、奥まで見えるようにするだけでOKです。すると使い忘れがなくなり、食材がムダになりません。

冷蔵庫の中身を自分のコントロール下に置き、つねに状態を把握すること、それが「やせるセッティング」の秘訣です。

冷蔵庫は「ためておくための場所」ではなく、食材をおいしく食べるため「一時的に置いておく場所」なのです。

『やせる冷蔵庫』 著:村山彩

「やせたいけれど、運動は苦手」「ダイエットしても、何度もリバウンドしてしまう」。そんな悩みを解決するため、食欲コンサルタントの村山彩さんが「やせる冷蔵庫」の作り方を伝授。あなたの体は、冷蔵庫の中身でつくられているんです!

「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。彼女によれば、運動をしなく...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが、地中海料理の上手な取り入れ方を「The New...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
月間60万PVを誇る人気ブロガーの、みうさん。自身が実践する「ヨガの教えを活かしたシンプルライフ」は、多くの人からの支持を集めていて、今年7月には書籍『ヨ...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...