見上げていては絶対に見逃してしまう。バルセロナ「足元の芸術」22枚

サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なアートの世界が広がっていました。

「足元の風景」が
まるでアート作品のようだった

0230b48b383b6533c3a993f620604bf8be2b570b

ドイツ人フォトグラファーのSebastian Erras氏が、バルセロナの街かどでレンズに収めていくのは足元の風景。と言っても、ただ地面を捉えている訳ではありません。19世紀初頭から20世紀にかけてつくられたタイル敷きのフロアが対象です。

たとえば教会、さらにはアール・ヌーボー様式からモダニズムまでが詰まったマンションで、色鮮やかな幾何学模様を写し出していきます。駆け足の観光旅行では、きっと見逃してしまうような文化的アイコンが、バルセロナ市内の至るところにあることを教えてくれます。

89c09ac8138802da2f7f2e8de56b211c50dff6cd9cd6f458e071ac5fa63ae2c9bf6522d30b0853a2E7722f91bbc14041438f808db2d63694b9dd1b137ee779d32fbde2600c3c5268b3170b513cd38c1f74d650c32175df7301f4a52d09bd1adda9a254df5209bec53aa313b1cc3788864ac277314a333c15C5ecb5c0337d0bffada05cecedcad7c3f9245b6aB56c4060e042de5f33c6daabf0ab182c1e6032e2D78a39138a874c0321a021f2efa1fea1232e7b9bFaef66f9a8172d6951c805f5ffa948ed3402876d633bdfd25088c930a7c104f4f1714ed177e849d84911b74388bd83c92c4a9e0bfb543d0f6e87833f26e9fe7f7ae63e741ec536cc264ca2b50ea57cd8D41da7df7351a0e90ec990d859527baecf308a169e639dc673d3dc5a996dd0b41795df748f2ec1bdC41570a9ce9a82b8edfaefd3812507b37291770aAb1f8e41982bab0f1bd3c7c7ee8c5e4fa9168c5f153b82b2043949b930c79971696142d4174fdbdeC7247136d227b66bb74a047bf81f382d9e980b64C348ff8bbf2e9ca0c57c66e32b14bc532145684459c248b37445a1b0ded369f80e7cf8666194f285D74b771fffcd662ef9e47712ebf29fbe5159b13f

さて、ここまで紹介してきたモザイクやタイルの床が実際にどこで見ることができるのか?気になりますよね。そんなときには、Sebastianさんがイギリスの印刷会社と共同で製作した、こちらのマップサイトに足を伸ばしてみるといいかも。エリアごとに、撮影されたポイントや地区の歴史など、お役立ち情報が満載。

ちなみに、こちらはパリの足元

Aad832c226086e0581f30fbbdfecb0b270ccdc48Abe23578be2c707f68725cffda3c7d2ea9cb9723B2dec29aa7d9e90ae80c532cd4af6ff958339c1083de115cec9222b7ccebedb16fc4266e390dc5de276615a40946be22e0708f5f482c60787a2ca634

生活の中にアートを取り入れた“芸術の街”パリならではの、個性豊かな足元。タイルの一枚のサイズ感やパターン、色使い、材質など、それぞれに違いがあってお国柄がよく出ていることが分かりますね。

このほか、Sebastianさんの足元シリーズは随時更新されるInstagramでチェック!

Licensed material used with permission by Pixartprinting
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
「光が変化し何か特別なものへと代わる瞬間を待っています。街や自然の景観が光とぶつかり合い、裸眼では見ることのできない幻想的な世界観をつくり出す、その瞬間を...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るの...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
そこに存在するのは、確かな違和感。でも、どこか神秘的で、写真から放たれるエネルギーに惹きつけられる──。以下の22枚は、あらゆる「生き物」を体全体で表現す...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
ペットの死後、剥製にする話を聞いたことがある。いつまでも一緒にいたいという気持ちは分かるけれど、何か痛々しい。世論でも、可哀想っていう声も多い。実際、やっ...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
「イランの建築史にようこそ!」と書かれたインスタグラムアカウント「m1rasoulifard」には、数々のモスクを撮影した写真が投稿されています。左右対称...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...