水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「Undetroze」

undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色ずつ、版画のようにプリントを重ねるのが一般的ですが、同ブランドはあえて一回の刷り込みに複数のインクを使用。

偶発的な混色を利用して、世界にひとつしかないTシャツを作ります。

F87664aa0f3ee9b78da77546fd854fb3255bccdd

特徴はその色鮮やかさ。原色を使用せずに、インクをいちから調色しており、ボディの色味や質感にしっくりと馴染む水彩画のようなカラーデザインに。実際の商品がコチラ。

65cd349df2149740d1b77f3a4453b686fe240a4c

代表的なのは、シンプルなミニマルアート・幾何学模様・タイポグラフィを基調としたカラフルなグラフィックや、絶妙なバランスに混ざったマーブルカラー。繊細な縞模様との組み合わせも◎。そのほか、アーティストとのコラボも。

Da55fc933f877d150c27e5fd9ea7d9b22922fc6c667a00a34c637dd67cf119e6abf9f971eee09830793a7d950f30817036666ec142531564311d8018

さらに、生地・型には、「久米繊維工業株式会社」と共同開発した日本製にこだわったものを使用しています。タイトでありながら、首もとはゆったり。なめらかな肌触りや着心地はもちろん、よれにくい仕様に。

同社は「ものを永く大切にする文化」や「人と地球にやさしいTシャツづくりと文化振興」を基本方針とし、環境負荷低減における国際標準規格「ISO 14001」の認証を取得した企業。2015年7月に80周年を迎えました。

両者には、一点物や国産Tシャツに対する考え、そして環境への配慮という点で、共鳴するところが。そうして始まったTシャツボディ開発プロジェクトが「KO-DA」です。

デザイナーの増田怜欧氏は、こんなことを話してくれました。

「KO-DAは、熟練技術を持った職人の手によってつくられています。Tシャツが完成するまでには、生地から、裁断、縫製など何十もの工程を、何人もの人が手を加えて、やっと形になっていきます。こんなストーリーがある温かいTシャツが、どこか遠い国ではなく、この日本でつくられています。世界にひとつしかない偶然性や、人の手でつくられている温もりを、少しでも感じてもらえたら幸いです」

Tシャツって、ちょっとだけ自己主張したくなる場所でもありますよね。その点、自分だけの色を探すには、いい選択肢になるかも。

「undetroze」のアイテムはオンラインストアで購入可能。アウトレットなら、価格は税込・送料別で3,750円から。ここで紹介したもの以外にも、いろいろなデザインやバッグなどを確認できます。実際に手にとって見てみたい人は、取り扱い店舗や出展情報をチェックしてみてくださいね。

Licensed material used with permission by undetroze
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
夏に獅子奮迅の活躍を見せるTシャツも、冬になると一気にその存在感を弱めクローゼットで冬眠。でも、この「TATEMU」さえあれば、オールシーズン、未使用時で...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
海外で言葉が通じなくて困った…。誰もが1度は経験済みではないでしょうか。そんな時にとっても便利なのが「ICONSPEAK」です。お天気から交通手段、札マー...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...