NY・ブルックリンの小さな工場で、「廃材」はお洒落なテーブルに生まれ変わっていた

個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。NYの街で古くなって誰かが捨てたものを、ブルックリンの小さな工場でおしゃれに生まれ変わらせていてます。



NY中から集めた廃材でつくる
一点もののテーブル

Medium 392b77e8b5d07126a92fee5026a46190e052638eMedium 952658d68d9532185c1ae95a09bf4efe04b2f00d

ブルックリンにあるクラフトメーカー「Made By Woodhand」。ここでは主に家屋の廃材となった材料をNYとその周辺地域からかき集めて、オリジナル家具にリメイクして販売しています。ピックアップトラックの荷台に乗せ、集められた廃材は、サイズも厚みもバラバラ。これを小さなピースにカットして寄木細工の要領で組み合わせていくのがMade By Woodhandクラフトの特徴です。

Medium 4388a0d9dbc1d6fb5766621a825ee15a58332e1cMedium 9b671715be9f086b7da7e99a4b0807c8abe66362

アメリカンキルトを意識した
幾何学模様を寄木で表現

Medium f337916bb77bd4ca5399a31b5c495ba28efcbf89Medium 20ed9802ab4172694104203f66e31d40616a4f58

廃材を使って新たにインテリア家具を生み出すのは、Emilie Boismainさん。生まれ育ったアメリカ南部アラバマ州の伝統文化である、「アメリカンキルト」の幾何学模様にインスピレーションを得て、寄木張りのデザインを思いついたんだそう。小さく裁断した廃材のピースを、パターンに合わせて組み合わせながらデザインをイメージしていくんだとか。

これまでに付き合いのある解体業者を回って仕入れる廃材は、主に松やカエデ、チェリーウッド、オーク、パインツリー、杉など。その種類は多岐に渡ります。それぞれの色味を巧みに組み合わせていくと、廃材に新たな息吹が注入されたまったく新しいテーブルとして生まれ変わります。

Medium 60aa6fa8a01c4431ff2b795829f43ffaf3119ef3

一つひとつのピースをパズルのように組み合わせていくと、美しい文様のできあがり。

Medium c4c3e5e99512e5c13081bb59e6eee1a3cd831e9e

それぞれの廃材の風合いやくたびれ感をそのまま残した作品。

Medium e2c3b398c6c3cc17dc48b2d2ba0f74fccb4d7098

こちらは、色のパターンを組み合わせてヘレンボーン調に仕上げたラウンドテーブル。

Medium 494df53df4c830a16dade31233751ccf8a05cdb0Medium ec52e298b3caf8a73b7e984ae667015b1cb2e609

他にもおしゃれな掛け時計や、

Medium a432c562f3c2429045c1099976801345b08222f6

ヘッドボードも。

Medium ddbab0b6f4a910275764328ddccbde397564e34a

誰かがいらなくなったものを再利用して別のモノに生まれ変わらせる。こういうモノを捨てずに有効利用する感覚が、すでにクラフトマンシップのなかでグローバルスタンダードだということがよく分かる一例ですよね。

Licensed material used with permission by Emilie Boismain, (Instagram)
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべ...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...