【貴重な証言】95歳のドイツ人女性がSNSで語る、ナチス・ドイツ「動乱の記憶」

第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されています。それは日本だけでなく、ドイツでも同じこと。

ここに紹介するのは、ドイツ人の青年がコミュニティーサイト「reddit」を使って、自分のおばあちゃん(名前は明かされていません)の貴重な戦争体験談を共有しようと試みた、投稿記録の抜粋です。動乱の時代を生き抜いてきた95歳の女性の言葉に耳を傾けたいと、およそ1,000件近くのコメントが集まりました。

0kKY9tj

質問:あなたのご両親はアドルフ・ヒトラー率いる「社会国家主義ドイツ労働者党」に投票したと思いますか?

「それは絶対あり得ないわ。父は社会民主党支持者だったから」

質問:当時のドイツ世論はどんな様子でしたか?市民の中に「戦争反対」の声はあったのでしょうか?

「少なくとも私の周りはみな、戦争する必要なんてないと思っていた。だから私たちからは戦争を仕掛けてはいないはず。イギリス人が始めたんだと思っていた。でも、もはや誰にも止められなかったんだと思う。それも仕方なかったのよ。世界を掌握しようという、ヒトラーの行き過ぎた計画を私たちドイツ人は、誰も止めることができなかったんだから」

スクリーンショット 2015-07-05 8.30.28

質問:生まれ育った街、シュヴァルツヴァルトが占拠されていくなかで、当時のあなたたちはどんな境遇にあったのでしょう?

「最初に敵軍が街に侵攻してきたって耳にしたとき、一目散に森の中へと逃げ込むように言われたの。いったい、この後どうなってしまうんだろう。とにかく怖かった。ところが、自宅に戻って待機しているように指示があったのを覚えている。とにかく不安のなかで自宅にいると、やがてモロッコ兵が家に上がってきた。彼らは貴金属や食料をかき集めて奪い去っていったけど、私たちに危害を加えることは無かったわ」「モロッコ兵が出て行った後、今度はイギリス兵がやって来た。彼らのために我が家から1部屋あてがわれたんだけど、イギリス兵はとても紳士的だった。寝る時もベッドではなく、新聞紙を敷いてその上に寝ていたのよ」

スクリーンショット 2015-07-05 8.39.57

質問:終戦をどこで迎えましたか?その時、どんな思いでいたか憶えていますか?

「じつは、どこに自分がいたのかよく分からない。覚えていないのよ。だけど、とっても幸せを感じたことは覚えているわ。これでフィアンセが帰ってきてくれるって思ったからね。イギリス軍はロシア軍と違って、早々に捕虜を返すと聞いていたから。だけど7年待っても、結局フィアンセは戻ってこなかったわ」

質問:ドイツの敗戦をどのようなかたちで知ったのですか?新聞はきちんとその事実を伝えたのでしょうか?

「新聞ではドイツが負けたことを伝えなかったわ。そんなこと許されていなかったから。どうやって敗戦を知ったかといったら、一番はうわさ話。それと、休暇中だった兵士たちからね」

質問:第二次大戦前のドイツと今日のドイツ、あなたから見てどこかに類似点があるように思いますか?

「何ひとつないわね、まったく違っているもの。政党だって変わったし。今のメルケル首相は、警戒心が強いというか、慎重になり過ぎね。もっとロシアとウクライナの情勢についても、人道主義的に手助けをするべきよ。もちろん、他国に侵入するなんて、もってのほかだけど」

質問:現代の若者たちの愛国心について、あなたはどう感じていますか?なかには「愛国主義」を表現することに抵抗がある若者たちも増えてきています。

「あの戦争の後、人々の中で愛国心が少し欠けていたように感じる。いま、国を愛する心をドイツ人が少しずつ、取り戻しつつあることが嬉しい。無償教育や医療制度の充実も国を思う気持ちの表れであることは間違いない。けれど、ドイツ人の“誇り”とは違う。私はそこにちょっとした罪悪感を今も感じているの。自分たちの歴史は間違いだったってね」

Reference:reddit
Licensed material used with permission by samuirai  

 

人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...