ドイツのリサイクル率が高い理由は、意外にシンプルだった。

日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされているからこそ、公共の場所がきれいに維持されることにも繋がっている、と。

しかし、そんな日本もリサイクル率ではまだまだ後進国と言えるかもしれません。その高いリサイクル率が注目されるドイツでは、小さい頃からのリサイクル教育が身を結んでいるのではないか、と話題になっています。「Inc.」のJustin Bariso氏がまとめていたので、紹介したいと思います。

リサイクル率
日本は19%、ドイツは65%

6306cab8701f0a164ef84fd05275d5b81d2ee14d

Organisation for Economic Co-operation and Development」の調査によれば、アメリカのリサイクル率は35%、日本はなんと19%なのだそう。日本はゴミの分別も細かいし、資源回収もたくさんあるので、リサイクルも進んでいるのかと思いきや、先進国の中ではかなり低い数値なのです。

一方のドイツはリサイクル率が65%と、調査国の中ではダントツの数字を誇っています。いったいなぜ、これほどまでにリサイクル率が高いのでしょうか。

子供の頃から
ゴミの分別を徹底

6705ef0f920aabc6ef3858ab9597fff0a777ce6a

ドイツでは、幼稚園に入る前から、ゴミの分別や再利用についてのしつけがされるのだそうです。Bariso氏の住んでいるところでは、緑のバケツには生分解性の廃棄物、青いバケツにはダンボルや紙、その他のものは銀色のバケツ、と色分けされているのだそう。

ドイツ人の中では、「分別しても、結局ゴミの行き着くところはいっしょなんじゃないの?」と疑問に思っている人もいるようですが、それでも彼らは分別を続けるのだそうです。なぜなら、そういうふうにやるのが当然だと思っているから。

キャッシュバック制度が
さらなるリサイクルへ

面倒臭いとついつい分けずに捨てたくなってしまうペットボトルですが、アメリカではペットボトルをリサイクルに出すと、5セントが返ってくるという仕組みもあるそうです。

お金が返ってくるだけでも驚きですが、ドイツではなんと25セントに設定されているそうです。どこのスーパーマーケットにもボトルを回収するマシンがあり、日常生活の中に、よりリサイクルの習慣が組み込まれているそうです。

リサイクルを進めるには
教育と対価が必要?

9841814644409d58d5cd933b9e98e7ada4112fa6

Bariso氏が実体験を通して感じたのは、やはりリサイクル率が高い秘密は子供の頃からの習慣づけと、少しでもキャッシュバックが付いていることが大きいのかもしれない、とのこと。

確かに、学校での教育やゴミの分別、スーパーマーケットでのボトル回収、一部キャッシュバックなどは日本でも見かけるものです。これらをより徹底して仕組化していくことで、日本のリサイクル率もさらに向上させていくことができるのかもしれません。

Justin Bariso氏:作家・企業コンサルタントとして活動。2016年LinkedIn Management and Culture.部門にてTop Voiceとして注目された。2017年春にはエモーショナルインテリジェンスに関する興味深い調査や最新事例、個人のストーリーなどをまとめた新刊「EQ,Applied」を発売予定。 

Licensed material used with permission by Justin Bariso
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...