「私は日本人です」第二次世界大戦で、国籍を失った日系2世の悲痛な叫び

船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。
彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがかつて第二次世界大戦時に日本軍が追い詰められ、多数の戦死者、餓死者が出た場所であるということを知りました。

worldwar2_01

第二次世界大戦が招いた
日系2世の悲劇

戦前、フィリピンへ渡った日本人移民たちは、その土地で豊かな社会を築きました。その数は最盛期には3万人にものぼったといいます。
フィリピン人女性と結婚し、家族を持った日本人男性も多数。父系主義の時代。両親から生まれた子は、日本国籍を保持していました。
しかし、その幸せな生活は第二次世界大戦により崩壊していったのです。

■第二次世界大戦により、同僚も隣人、親戚すらもが「敵」に

日本軍のフィリピン侵攻に伴い、在留邦人はもちろん戦争への協力を余儀なくされました。日本人移民社会は国家総動員体制に組み込まれました。隣人であり、親戚であり、同僚であったフィリピン人と、敵同士として争うことになったのです。

we are japanese

■フィリピンに取り残された日系2世

多くの在留邦人が戦争で命を落としたものの、なんとか生き延びた1世もいました。しかし、彼らは日本に強制送還され、妻と子供(残留日本人)だけがフィリピンに残されました。

反日感情の強いなかで、日本人の血を引いていると現地住民にバレたら、すぐに殺される。そのため、フィリピン名を使い、日本語も決して話さない。農村などで隠れるように生活を送っていました。十分な教育も受けられず、極貧の生活を強いられた人も少なくありません。また、日本国籍を失った人も。

「私は日本人です!」
残留日本人の悲痛な叫び

そして、フィリピンで反日感情が薄れ始めた80年代。この頃から、フィリピン各地では日系2世、つまり残留日本人自らが日系人会を組織し、「日本人」という存在の証を求め、動き始めました。
しかし、証明できる書類はなにもなく、未だに日本国籍を回復できない日系2世は800人以上もいます。

写真集を出して
彼らの存在を知ってもらいたい!

worldwar2_02

「戦前生まれの2世も高齢化しており、いま彼らの証言を得て、記録しておかないと、あの酷い戦争の実態が永遠にわからなくなってしまいます。そのために、彼らの戦前から戦後にかけての証言を写真集にまとめたいのです」

と、船尾さん。現在、そのための資金をクラウドファンディングサイト「READYFOR」で募っています。ぜひ、皆さんの協力をお願いします。

btn_idea_150511_16

 

 

ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
ロッテルダム中央駅前広場に登場した、急勾配の斜面。これからX Gamesが始まろうというのではありません。もちろん、人工ゲレンデでもなし。足場を組み上げた...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
未来の世代へごめんなさい。地球をめちゃくちゃにしてしまいました。私たちがしてしまったことに、巻き込んですみません。言い訳ばかり必死になっていました。どうか...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...