「戦争に慣れてしまってはいけない。」ダライ・ラマの戦争と平和に関するコメントが深い・・・

ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?

世界を行脚する指導者の強いメッセージを紹介する「Collective-Evolution」より、ライターAjun Walia氏による長い解釈をそのままに紹介していきます。

「祈るだけでは何も解決しない」
チベット仏教最高指導者の
胸打つメッセージ

_284838542

チベットのダライ・ラマ14世は、最近「単に祈るだけではパリの事件のような、世界中で勃発する残虐行為を何ひとつ解決することはできない」とのメッセージを残しました。人間が生み出した問題の解決を神に求めるのは無意味。強く人々の心に響く言葉でした。これらの問題を生み出したのは私たちです。ならば、その解決もやはり私たち自身に委ねられている。そう、神ではありません。
彼の強い主張は瞬く間に広まり、世界の人々が向かうべき方向性を、大きく変える必要があることを気づかせてくれました。

パリ同時テロ攻撃のような今の時代の新しい戦争のかたち。そして、人間の洗脳について、ダライ・ラマは自らのウェブサイトで以下のようにメッセージを残しています。
Collective-Evolutionでは、今後も定期的にこの問題について取り上げています。いま、ダライ・ラマはどのように感じているのでしょうか?

戦争も軍事施設も
世界で生じる“暴力の源”

205334824

「戦争、そして各国の巨大な軍事施設は、すべて世界で起こる暴力の源です。その目的が、守備や攻撃であるかに関わらず、これらの膨大で強力な組織は、人間を殺すためだけに存在しているようなもの。私たちは戦争の現実について慎重に考える必要があります」「いま、多くの人が軍による戦闘に、なかば興奮状態を示し、傾倒しています。自分の能力と勇気を証明する機会として考えているのです」「軍隊そのものを合法としているため、私たちは“戦争”を受け入れるほかありません。戦争は犯罪であると感じてはいないでしょう。ですが、それを受け入れること自体、犯罪行為に等しいのです。実際には、私たちは洗脳されています。戦争は華やかでも魅力的でもありません。ただ悲劇と苦しみがあるだけなのです」

誰のために戦っているのか?

46623143736250

ダライ・ラマが上記で触れたように、私たちは軍隊の任務が「誇りの持てるもの」だと信じ込まされているのではないでしょうか?
もちろん軍隊に所属する方々は、大きな勇気と良心を持って、国のために力を尽くそうと入隊したはずです。ですが、彼らは世界的な戦争やテロが、完全なでっち上げだということを知らないのです。自国を守るために信じるよう、生み出された敵は、彼ら自身の国が作り出したものだということを。

オタワ大学名誉教授Michel Chossudovsky経済博士は、以前演説の場で壇上から訴えかけました。「対テロによる世界的な戦争は、“偽り”の前提に基づいた、完全なるでっち上げだ」と。
兵士たちは、自国を守るために敵と立ち向かうことを、なかば洗脳的にインプットしてしまっていますが、その敵も同じように欧米の軍事同盟によって、金銭面など様々なサポートを受けているのです。

ダライ・ラマが主張するように、これこそ私たちが「戦争は受け入れられるもの」だと感じてしまう理由なのです。戦争は必要不可欠な行動だと信じ込まされてしまうカラクリ。

戦争に慣れてしまってはいけない

3y2381570358

「現代の戦争は、これまでとは全く違う展開で繰り広げられます。私たちが戦争について話すことのリスクや、講義のために生きたまま火だるまになる人間がいることには、目を向けません。高性能の武器が技術力の証。そちらにばかり目が行くように仕向けられているからです」「戦争の広がりは、まるで強い炎。ある戦闘地域が弱くなれば、指揮官はそこに援軍を贈ります。これは、戦争に加担していない人からすれば、火を投げつけられたようなもの」「また、洗脳された私たちは、1人1人の兵士の苦しみを考慮することができません。負傷すること、死を厭わない兵士などいません。兵士の家族だって、彼らが傷つくのを望んではいないのです。もし1人の兵士が死んでしまった、もしくは一生背負う傷を追ってしまった場合、彼の親戚や友人は最低でも5〜10人以上、同じように苦しむはず。私たちは、こういった悲劇の広まりを意識する必要があります。でも、あまりにも混乱しているため、そうできないのです」

兵士が戦争に加担することを
拒否できる世界へ

0056425128_Full

私たちが人を殺したり、戦争をやめようとするなら、まず「洗脳」されている兵士たちを目覚めさせる必要があります。銃のトリガーを引き、命令を与え、実行するのも人間。彼らは、自分がしていることは良いことだと考えているのです。それが戦争がいまもなお存在する理由。私たちが戦争を作りだし、それに加担し、長引かせているのです。
地球上のすべての人間が戦争に参加することを拒否した場合、どのようなことが起こるか想像してみてください。変化は自分自身の中から起こすもの。より多くの兵士が、そこで起こっていることに目を覚まし、戦争に行くことを拒否する必要があるのです。

どんな悪が国を圧迫し、国際的な問題を引き起こす残忍な独裁者がいたとしても、彼らが軍事組織を持っておらず、社会がそれを認めなければ、彼らは人を傷つけたり、多くの人を殺したりすることはできない訳ですから。

これまで操り人形のように戦争に加担してきた兵士の中には、事実に気づき発言し始めている人もます。下記の2記事はその象徴例。洗脳から目覚めるまでの、衝撃的な事実が多く語られています。

“Horrible & Numbing”: Chilling testimony from U.S. Air Force Drone Operator On His First Kill”

テロにより作られて戦争については、この記事をチェックしてみてください。

Professors & Politicians Gather To Warn Us About The New World Order

米軍事予算があれば
飢餓、貧困を解決できる

266507513

ダライ・ラマはその後、戦争がどんなにお金がかかるものなのかについて話しています。多くの人が同じ思いを抱いているはずです。アメリカの軍事予算を投入すれば、地球上の貧困と飢餓は完全になくなくすことができると。戦争にかかる膨大な資金はどこから生じるのか?それは統制された一部のエリートたちによって、無限にプリントアウトしているのだということも。

元カナダ国防相Paul Hellyer氏は「膨大なお金が、何も知らない議会と最高司令官によって、プロジェクトに費やされてきた」と暴露したことがあります。アイゼンハワー大統領が警告したように、軍産複合体は見当違いの力を存続させ強めるためのものです。もし、彼がこの時代に生きていたなら、この現状についてどう思うでしょう?

私たちがお金を道具として使用するなら、どうしてその多くを、地球上の皆のために食糧や避難所、衣類などを提供するために割り当てられないのでしょうか?防衛支出を使えば、こうした問題を解決できる国があるはずです。

84363868

「私たちは皆、身の回りで起こっている暴力と殺害に嫌気が差しているはず。人間が動物に殺されるのは悲しいことですが、人間が他の人間によって殺されるのは考えられないことです。私たちは他の人間を、お互い兄弟姉妹のような仲間として考えられるよう、いっそう努力を積まなければいけません」

勇気を持って、世界に重要なメッセージを発信してくれたダライ・ラマに感謝したいと思います。彼のメッセージの全文はこちらから。

Top photo by Thomas Lohnes/Getty Images
Licensed material used with permission by Ajun Walia via Collective-Evolution

独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
結婚式に誰を呼ぶかって、きっと誰でも迷うもの。友だちをたくさん招いて大きなパーティもよし、身内だけでしっぽり祝福するもよし。でもせっかくの晴れの舞台、どう...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。そこにまっすぐに切り込...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
スティーブ・ジョブズ、ダライ・ラマ、ウサイン・ボルト。異なる分野の第一線で活躍する彼らに共通して言えることは「日々努力を重ねてきた」ということ。あの大きな...
映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...