イランの写真家が追う。「シリア」の子どもたちの日常

シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。

イラン人写真家Ali Kharaは、銃弾やロケット、空から降り注ぐグレネードを幾度となく目の当たりにしてきました。そんななかでも、彼はシリアの子どもたちが成長したとき何が起こるのか、と想いを馳せてきたと言います。

危険を顧みず、過去5年で10回以上もシリアへと向かったKharaが撮影したのは、現地の子どもたちの「日常」でした。

Dd6d93ad04ce037665fd6396e62709366eb52bf632d150ce438b110d9c41e7e93a15fa6291b856df

多くの戦争写真家たちは、シリアの軍隊を通して戦いの傷跡を記録していますが、Kharaは虐殺の写真には興味がない、と語ります。そんな彼の写真は「Children of War(戦争の子どもたち)」とも呼ばれています。

5ff44ee459687053b16e3461dfdd0b02fe776cf8D600bbc19c5da2c4fba71216d5f049f9e6b91436C2cd513e13038f184c60a859ac77aba03ba2bbf8B2ce52e39d4ed5fc4098cd2473a7fba91419d1386fdf3c659faf967e616b649cf228d2ea52d400ae6561d43b1487550ebfee433c56df8be369aab483

戦地でカメラを向けると、子どもたちは大人とは違った反応を見せるのだといいます。彼らは、カメラマンの予想を超えた動きをするのです。そんな子どもたちの力が原動力になり、Kharaは危険な場所での写真を撮り続けているのです。

彼が撮る、子どもたちのリアルな日常は、Instagramからも見ることができます。

Licensed material used with permission by Ali Khara
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
図書館や公園、プールなど、あらゆる所で踊りまくる。そんな子どもたちの姿に驚きました。場所の意外性もあるけれど、小さな体から放たれるパワーに圧倒されたからで...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...