野生の馬を見つめる。写真家・シャルロット・デュマ展。

動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流れる。優しい風を受けて、揺れるたてがみ。遠く、波の動きを見つめる瞳。私たちも、まるでその場所にいるかのように、思わず息をひそめてしまう。そして、作為のないものの美しさには敵わないものだと、ため息をついてしまう。

野生の馬に近づくには
どうすれば良いのだろう?

97acd43f6f3130a98af7beab441d523165fdc2f7
Imabari, Stay 2016©Charlotte Dumas

オランダ人の写真家、シャルロット・デュマ。これまで、救助犬や、動物園で飼育されている動物など、さまざまなシチュエーションで動物を被写体としてきた。彼女の方法論は、集中すること、好奇心を持つこと、そして、心を開くこと。被写体が、いつも通りの自然な状態でいられるように、自ら寄り添っていくやり方だ。

23f8e142c8ac20edd32f328a071d8e5939f6e211
Yonaguni, Near the coastline 2015©Charlotte Dumas

怖がらせることなく、野生の馬に近づくには、一体どんなふうな手段をとれば良いのだろう。そこでは「さあ、撮るぞ」と構える必要はなく、こちらも馬と同じように、自然な状態になることが必要なのではないか。一歩ひいた客観的な視点というか。互いに恐れる必要はないのだと、両手を広げている感じ。そうして、ようやっと同じ目線で語らえるようになる。

4c7d802044c5c1035606961c984ce49063db803b
Nagano, Sora 2015©Charlotte Dumas

その国、固有の馬である在来馬(ざいらいば)が、社会のなかでどのような役割を担っているのか。そして、私たちは、馬にどのような価値を見いだしているのか。『Stay』は、2012年にスタートした、日本全国に8品種現存する在来馬を撮影するプロジェクトの集大成である。北海道・長野・宮崎・与那国島など、8カ所を巡って撮られた40点余りの大判プリントとポラロイドたち。現在、写真家の上田義彦がキュレーターを務めるギャラリー916で展示中である。

91ef9fa0958d6d06480cdef43bb6f4acb463d89d
Onuma, Marshmellow 2015©Charlotte Dumas

あっという間に流れる時間のなかに身を置いていると、目の前に横たわる出来事ばかりに意識が向いてしまい、自分のことがおろそかになりがちである。そのやさしい眼差しに触れると、いまの自分と向き合うことの大切さを思い出させてくれる。そして、日常のなかに埋もれてしまいがちな大切なことを思い出し、うっかり涙がでてきそうになる。お休みの日に、おひとりで、もしくは、大切な人と一緒に、ゆたかな時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

Top Photo by Yonaguni, Head shot 2015© Charlotte Dumas
Licensed material used with permission by gallery916
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
馬はエネルギーの象徴。そのため、夢に現れたときには無意識からのメッセージを数多く秘めているものなのです!<名馬の夢>→努力が報われる予兆勝利や発展、栄光を...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「FEEL KIYOMIZUDERA」というプロジェクトの存在を知っているだろうか?これは、あまり知られることのなかった清水寺の「今」を写真や映像で記録す...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...