「空飛ぶ子猫」には、カメラマンの動物愛が詰まっていた

キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。

でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びかける目的で撮られたもの。撮影したセス・キャスティールさんは、生き生きと躍動感のある写真を撮ることで、そのメッセージを込めました。

01.
あなたを待っている猫がいる

844f363af9e9913ee2fd354bd9695db3e3521637

もし猫を飼いたくなったら、動物保護施設や、地元の里親探しを行っているNPO法人などをあたってみてください。きっと、あなたを待っている子猫がいるはずです。

02.
飼うなら2匹以上で

F5994cb0f1a7d314eb3c07a6ebf99fd88688f18f

猫って「なんだか気まぐれで、自分が甘えたいときだけ寄ってくる」というイメージがありますが、本当ははとっても甘えん坊で寂しがり屋。

昼間あなたが仕事で家を空けている間、とっても寂しい思いをしているかもしれません。

猫は本来、「猫社会」を形成する動物。だから、できれば2匹以上同時に飼ってあげてください。猫同士のじゃれ合いをみるのも癒されますよ。

03.
「爪とぎ」をさせてあげて

Eda200f5f2f7855cd63105c811a2d65efdfb62a3

お迎えした猫は、部屋の中で飼うことが多いと思いますが、カーテンや家具へのいたずらは困りもの。

なかでも「爪とぎ」を家具や柱でやられると、ボロボロになって大変です。でもだからと言って、爪を切っても「爪とぎ」しなくなるとは限らないし、猫のストレスにもなりかねません。

猫の「爪とぎをしたい気持ち」と、飼い主の「ストレス」。そのどちらも解決するには、爪とぎする場所を決めて、そこでとぐようにしつけるのが一番です。

04.
毎日アクティブに
遊んであげる

D227f3f8c6c09ffd36dac4801e2c4d6701d7553f

猫に散歩は必要ないけど、家のなかだけでは運動不足になりがち。変化が少ない毎日は、猫にとってもつまらないでしょう。

なでなでするだけではなく、毎日積極的に遊んであげてください。猫じゃらしなどを使ってアクティブに遊ぶことで、生き生きした表情が見られますよ。

可哀想な猫たちを
増やさないために

225ef19a207d8b8dcf64c255648d48a8641bc2fdE1561b7e03cd91dcabad9f90453e05ac9d4d3129

「猫は、1度に2~6匹の子どもを産みます。動物保護施設や保健所で処分されてしまう猫たちを増やさないためにも、避妊や去勢は必要です。手術をするなんて可哀想、と思う人も多いかもしれませんが、もっと可哀想な猫たちを生み出すより、ずっといいはずです」

と、セスさん。

避妊や去勢は、病気を防いだり、発情期特有の行動やストレスを軽減してくれるというメリットもあると言われています。ただ、何より一番大切なのは、猫を家族として最後まで可愛がってあげることですよね。

Licensed material used with permission by Seth Casteel, (Twitter), (Facebook), (Instagram), (Book)
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...