赤キツネが北極キツネを・・・野生動物の世界を写した「9枚の衝撃的な写真」

ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品を発表した。96カ国から42,000点以上の作品が寄せられた。

このたびグランドタイトルに選ばれたのは、赤キツネが北極キツネを狩った瞬間を捉えた写真。その他の作品も必見だ。

01.
グランドタイトル受賞作品
「A tale of two foxes」

Medium 442cebe0384b1d93aaf73e244f9ed98296975ecf

救急医療の専門医師でもあるカナダの写真家Don Gutoski氏は、休暇を使って自然写真を撮る。カナダ北部の島にいた彼は、マイナス30℃のツンドラの中で何かを追いかけている赤キツネの姿を発見した。よく見ると、その獲物は白い北極キツネだった。

温暖化の影響もあり、この地域では赤キツネの個体数が増加傾向にあるそうだ。主な捕食対象というわけではなく小動物などを食べて生活しているが、北極キツネもその例外ではないのだとか。

02.
ティーン部門
グランドタイトル受賞作品
Ruffs on display

Medium 95c088f721f0feb491dcd0373b946dbee7629f0d

17歳以下の部門でグランドタイトルに選ばれたのは、Ondrej Pelánek氏(14歳)の作品。彼は、夏の家族旅行でノルウェー北部に出かけた際に、白夜の中で戦闘体制になったエリマキシギ(Ruffs)を見た。
「興奮して眠れなかったよ」と話す彼は、父親がテントで寝ている間にも外の動物たちを眺めていたそうだ。

オスのエリマキシギは、縄張りやメスを守るために、近くを徘徊して侵入を図る外敵を威嚇する。

03.
水中写真部門
「A whale of a mouthful」

Medium 735106b037deba033fc37fd27ad10d53220a3496

オーストラリアの写真家Michael AW氏は、全長16メートルにも及ぶニタリクジラが数百リットルの海水とともにイワシの群れを一瞬にして飲み込んだ瞬間を撮影した。

南アフリカ・トランスカイ沖からダイビングして撮った写真だが、光の加減やそのリスクを考えると、いかに貴重な環境下で撮影された作品なのかと驚く。

04.
フォトジャーナリスト部門
「Broken cats

Medium fd11c896be218e8d3ed3829248b6dfbb4aa18ad0

Britta Jaschinski氏の作品は、中国・桂林市にある七星公園で撮影されたもの。同氏は"薬漬けにされてキバやツメが抜かれた大きな猫"と説明した。
ショーの間、彼らはスパイク付の鉄パイプでその動きをコントロールされていたそうだ。

自然史博物館のホームページでは、その他様々な作品が部門ごとに閲覧できる。以下にその一部を紹介するが、より多くの写真を見たいという人は直接ページを訪れてみよう。

05.
両生類・爬虫類部門
Still life

Medium f0917865fe42561f64901c476b86ee73584b2bad

06.
都市部門
Shadow walker」

Medium 04cf1b2e8df42b47469eb1e9d6bfbe10c5234bca

07.
鳥部門
「The company of three」

Medium a0f070b55aa516ade20252d6746760119539c6b9

08.
印象部門
Life comes to art

Medium 4da6459d83ad1c8c60c9daa0a78b32841f56d6fb

09.
空撮部門
The art of algae

Medium 526bcacebe56300924ec080de0c8707702defea3
Licensed material used with permission by Wildlife Photographer of the Year
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。Juniperちゃんのインスタグラムアカウント、フォロワーは68万7,...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
北極圏・ノルウェー北部にあるスヴァールバル諸島では、大きなシロクマの姿を見かけるのは珍しいことではない。が、フォトグラファーの「Kerstin Lange...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
ここは、カナダ北西部にあるパングナータングという場所。いわゆる北極圏ギリギリのところで撮影された一枚です。カナダのフォトグラファー、マイケル・デイヴィス氏...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...