スマホを一瞬で「ちびっこ写真家カメラ」に変える方法?

もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと考えていたら、偶然「Kickstarter」でユニークなアイテムを見つけた。 

僕だってちゃんと撮れるよ!

19dcc15f22c2b308a0e0a94ba06e3510546804a5

Pixyplay」は、古いスマホを「子ども用カメラ」に変えてくれる。それが一番のユニークポイント。一般的に子ども用カメラって画素数が低いものだけど、スマホなら話は別。多少、古い機種だってスペック面では十分に合格といえる。また、キャラクターものやおもちゃっぽいものが溢れている中で、35mmカメラをモチーフにしたPixyplayのデザインは頭ひとつ抜けている。

以下のプロモーション動画を見ても分かるように、端末をヘッドホンジャックに差し込むだけでシャッターが切れる仕組みになっているらしく、使い方はいたって簡単。

Ae6b7e298c427ffb647896bdf5e79b25d49714e7895bd73fb7faf814e612e4c2575175a3ac9f9bb3

でもね、何よりも動画に登場する子どもたちの表情がいいんだよね。目がキラキラして、創作意欲がすごく伝わってくる。小さい頃から、こんなカメラをいじっていれば、感覚も磨かれるし、想像力だって刺激されちゃって、未来の写真家も夢ではないかも!

ちなみにカメラの対象年齢は、3歳以上ということ。最後に気になるお値段だが、25ドル(約2,850円)で発売予定だという。 iPhoneもAndroidも一部を除いてほぼ対応しているみたいなので、お子さんへのプレゼントの第一候補として検討してみてはいかがだろう?

Licensed material used with permission by Pixlplay
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
先日、Appleが公式Youtubeで初となる「iPhone 7 Plusで綺麗にポートレートを撮る方法」を公開。さぞ知られざる裏ワザなのかと思いきや、意...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...