世界の「離島」は、こんなにもミステリアス。断崖の上で死者を葬る!?

世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。

おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、そんな離島の知られざる不思議が紹介されています。長い年月をかけて、独自の道を歩んできた離島。その本当の魅力とは?

まるでお祭り?
断崖の上で死者を葬る
【スラウェシ島】

Medium e80b67bb4f452a0ecde432b11b25f4262aa3cf86

世界一の島嶼国インドネシアには、18,000以上の島々があります。そのほぼ中央に位置するのが、今回紹介するスラウェシ島です。この島でもっとも注目すべきは「タナ・トラジャ」という地域。

先祖崇拝が強い民族で、葬儀は「ランブ・ソロ」という方法を採用しています。彼らは「死」を日常の中に置いていて、葬儀は死者の来世を祝福する旅立ちのセレモニーとして「生まれ変わり」の儀式と一体化させています。したがって、とにかく盛大に、華やかに行うことが、残された者の務めと考えられているのです。

葬儀となれば、大勢の出席者が歌い踊るイベントが何日も続くので、知らない人が見ると何かのお祭りのように見えるかもしれません。神になった死者に、天に近い場所から村を見守ってもらうという理由から、遺体は高い岩壁に掘られた横穴の中で風葬されます。遺族にとっても、葬儀はにぎやかであればあるほどいいので、観光客も歓迎するそう。

気軽に訪れるには気が引けますが、とても興味深いですよね。

飛行機や船を飲み込む
ミステリアスな海域
【バミューダ諸島】

Medium 1afcf713013b02375bf42c29816153167d6d24bd

アメリカ南東部に位置するノース・カロライナ州沿岸から1,000kmほどの大西洋上に150もの群島が浮かんでます。それがバミューダ諸島。これだけの数があるのにもかかわらず、総面積は53㎢で、三宅島と同じほどの大きさしかありません。ちなみに現在は、イギリス領。

ここは観光地というよりもミステリアスなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。かの有名な「バミューダ・トライアングル」が存在する場所で、いくつもの船や飛行機がこの近海で姿を消しています。

バミューダ・トライアングルと呼ばれているのは、バミューダ諸島、マイアミ、プエルトリコを結ぶ三角形の海域。この海域は磁気に異常が見られるという研究者もいますが、海流が速く、大きな嵐も頻繁に起こることから自然現象によって事故が引き起こされているのでは、とも言われています。

遺体や残骸がほとんど発見されないことも、ミステリアスなイメージに拍車をかけているのでしょう。

南太平洋の宝石箱と
キャプテン・クックの関係とは?
【イル・デ・パン】

Medium 0bc21085a90ab8a25de9133df27965309dd0517d

「天国に一番近い島」といわれるニューカレドニアは、オーストラリアの東に位置するフランス領土の島。そしてイル・デ・パンは、本島のグランドテール島のすぐ南東にある島です。

現地の人々から「海の宝石箱」と呼ばれている、ターコイズブルーに染められた海の美しさは、本島をしのぐほど。

この一帯を発見したのはイギリスの海軍士官であるキャプテン・クック。ニューカレドニアやイル・デ・パンという名前は彼が命名しました。イル・デ・パンは直訳すると「松の島」。ちなみに、緑の多い島ではありますが、イル・デ・パンに松の木はありません。松によく似たナンヨウスギという杉の木が群生しており、彼はそれを松と見間違え、イル・デ・パンと名付けてしまったのです。もしも松ではなく杉だと気付いていたら、きっとこの島は違う名前になっていたのでしょうね。


※上記内容はすべて、書籍刊行時点での情報です。

世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
スタジオジブリの新作は「ゼルダの伝説」のアニメ化だった!...と言われても信じてしまいそうな予告編。これを作ったのは、カートゥーン調のイラストレーションを...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...