商店街の上に広がる、420本の傘

空に広がる色とりどりの傘。その数なんと420本

この幻想的な展示は、今週末、7月29日(土)・30日(日)に岡山県倉敷市水島で行われる第61回 水島港まつりの一環なんです。

水島を表す 美しい傘の空

MIZUSHIMA アンブレラスカイ」というこの展示は、倉敷芸術科学大学の学生による作品。会場の商店街通り約80mにわたって、色鮮やかな傘のアーケードが続きます。

少しずつ色が異なる傘は、水島の四季を表現しているのだそう。手前から、ピンクが春、緑が夏、オレンジが秋、白・薄いブルーが冬。そして真ん中の青は、水島を流れている高梁川を表しているとのこと。

420本中100本はスプレーで塗装されていて、水島の特産品のレンコンや、水島にあるJFE(スチール株式会社・西日本製鉄所)をイメージした模様などが描かれています。

また、1本だけ恋愛成就の傘も隠されているとのこと。探し出してインスタにアップすると、恋が叶うかも?

haseさん(@hase1212)がシェアした投稿 -

MIZUSHIMA アンブレラスカイは7月22日(土)からすでに設置されています。展示終了は、水島港まつりに合わせた今週末の7月30日(日)21:00まで。ついついカメラを構えて夢中になってしまいそうですが、道路での撮影は危険なので注意してくださいね。

幻想的な傘の空の下を、歩いてみては?

Top Photo by sashimisashimi
Licensed material used with permission by niceone.chaco, mikamika_mika, hase1212, yusuke.s__photo, mosan0324
伝統と革新のかけ算は、いつだって魅力的だ。「○○とはこうゆうものである」と脳に刷り込まれている対象物を、まったく新しいかたちで蘇らせてくれるから。新たな発...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
東京ビッグサイトに次々と集まる、スーツ姿の医学生たち。そこで行われるのは、岡山県にある倉敷中央病院による、世界でも類を見ない過酷な「実技トライアウト」だっ...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
約400mの白い砂浜が続く孤島「水島」は、福井県敦賀半島の先端に位置します。その特長は、何と言っても圧倒的な透明度。遠浅になっているので海底まではっきりと...
1980年代前半、ロッククライミングをしていた自分たちにとって、国内メーカーで先進的なアウトドアウェアやギアを出している〈モンベル〉は特別な存在でした。と...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...