スラム街を救ったのは、街中の壁に描かれたカラフルなアートだった!

街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象は感じられないかもしれません。

街中の壁を
カラフルに染めよう

Medium 2f44a2f883cb57faebd725559b2dcfd53818e6a6

この街は、かつてギャング同士の抗争が絶えず荒廃していました。そこで、犯罪や暴力を撲滅するキャンペーンの一環として、メキシコ政府がストリートアーティスト集団「GERMEN crew」と共同で行ったのが、街全体を「絵画」にしてしまおうという大胆な計画でした。

彼らはまず、地域に働きかけ、209軒ある家々からOKをもらって壁を真っ白に塗っていきました。そして、それからカラフルなペイントを施していき、「虹」を描いたのです。その面積は、なんと2万平方メートル!

プロジェクトは現在も進行中!

Medium dbb026dc5bd8626b82eb56bc799fe7b0c531dfb9Medium d30ef8d5f221d0df84407f0495313b53ac406b0dMedium b55f1447fd4a7c336282d26054af177df67c5a8f

地元の子どもや若者を巻き込んで勧められたプロジェクトということもあり、対立していたギャング同士も、共に作業に参加するようになりました。そして、暴力が徐々になくなり、新たな雇用が生まれるなど、素晴らしい効果が続々と現れ始めたのです!

これには住民たちも鼻が高かった模様。今は絵の教室などを開きながら、何らかの形でプロジェクトが進められているそう。

そのほか、リオデジャネイロのスラム街でも街全体をキャンバスに見立てて絵を描き、地域を活性化させたアーティスト「HAAS & HAHN」が話題になりました。アートは世界的な注目を集める新たな「町おこし」のツールとして認知されはじめているようですね。

Licensed material used with permission by Germen Nuevo Muralismo Mexicano
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描い...
街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
アムステルダムのクリエイター「BYROSA」は、小さなジオラマを細長い試験管の中に詰め込んじゃいました。「Behance」に投稿されたことで人気を集めた幻...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...