スラム街の子どもたちを「スナック菓子」で救う方法って?

フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。
content_e383a420e2cea8d61ad0c3bd9b47ce83bc373a4f約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令によって、1時間半ほど離れた農村地区に移住してきた。だが新たな問題に直面しているという。

ほとんどの子どもたちが
栄養失調に悩まされている

以前とは違い、住む環境はよくなった。とはいえ、廃品回収して生計を立てる貧民(スカベンジャー)だった彼らは、農村に来ても仕事がなく、生活の苦しさに拍車がかかるばかり。飢餓や栄養失調に陥るという問題を抱えている。

ゴミに囲まれて暮らしてきた彼らは、もともと野菜を食べる習慣がない。そのため、バランスのとれた食事の重要性を理解している人は皆無だという。

content_7f4aa6a5d54bb24dd8bc1e38e2b9a407757ce322 (1)栄養失調の兆候がよくみられるのは成長期の子どもの身長。例えばフィリピンの12歳の子の平均身長は155cmだが、126cmしか身長がない女の子がこの居住区にいる。平均身長でも144cmと基準を大きく下回っている。

この状況をなんとかしようと立ち上がったのが、NPO法人カマルフリーダ代表の西村祐子さん。開発途上国の人々に経済的な自立を促すための手助けをしている。

「野菜」で収入源を作り
負のスパイラルを断ち切る

content_bc6218e4564366a1f93a13285f2006d131837057まず着目したのが、家庭菜園。日常的に野菜を食べることで、栄養補給できるのではないか、と考えたという。だが、目標はそれだけではない。

「収穫した野菜の何割かをスナック菓子として加工・販売することで現金収入が得られます。生活が成り立たず、また元のスラム街暮らしに戻ってしまうといった、負の連鎖を断ち切ることができるのです」と、西村さんは語る。

400〜500世帯を対象に
野菜の栽培とスナックづくりを指導

content_317d9f3025a810ec67ac2e73d434c58e27b4e0f0 ただ、「野菜を作ろう!」といっても、彼らには野菜を作る知識はゼロ。カマルフリーダのメンバーが中心となって、まずは400~500世帯を対象に指導を進める。

このプロジェクトを成功させるには、「いかに家族全員を巻き込むか」がポイントになる。例えば自分の子どもが野菜作りに関わると、親も家庭菜園に興味を持ち始める。それをきっかけに、野菜の育て方や土壌や、有機肥料とそれに適した野菜は何なのかまで詳しく教えていくという。

スナックは、野菜をはじめ、新鮮なバナナやパパイヤ、マンゴーで作る。半年間で、スナックづくりを覚えてもらい、各家庭が自立して稼いでいける第一歩を踏み出す流れを作っていく。

現在、このプロジェクトを進めるための資金をクラウドファウンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っています。ぜひ協力をお願いしたい。

コンテンツ提供元:READYFOR

街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ラパス004 日付:2012,03,09「目前に広がるの一面の夜景、こんなの見たことない」Abou...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...