「太陽光で充電できる補聴器」を世界中に届ける、18歳のスタンフォード大生

太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。

太陽光で充電できる補聴器を
発展途上国の子どもたちへ

26347e63ee7f9cc889606eb529f4bc9fee75002d4cede39f37131a21092a0334f771cbf95e76d8d8

従来の一般的な補聴器は、本体価格が1000ドル(約12万2500円)以上と高価なものだった。さらに、電池代が週に2ドル(約250円)かかることを考えると、途上国での利用が現実的ではないのは、想像に難くないはずだ。

一方、彼女が途上国へと送っている「Solar Ear」は100ドル(約1万2000円)。バッテリーは太陽光やコンセントから充電できるため、購入後にコストがかかることはほとんどない。寿命も3年とこれまでの機器と比べても遜色はない。価格を考慮すればどちらが経済的かは明白だ。

子どもたちに
教育の機会を

43b63dd3a5529a18e2492c933e1653143a2f6c79

世界には、まだまだ聴覚障がいのある子どもたちに対応した学校や住まいが十分に提供できていない地域がたくさんある。だからこそ、補聴器の有無で彼らの生活は大きく変わるわけだ。

彼女はクラウドファンディングサイト「GoFundMe」などを使って資金を調達し、世界中の子どもへと補聴器を届ける。

Take Partには、そんなオブリエンさんのコメントが掲載されている。

「自分がどうなりたいのかはわかりませんが、なにか素晴らしい存在ではありたいと思っています。これは、自分の行動を確かめてポジティブに前進できる道を選びたいという意味です」

3c2523b4faeb3e5e54c00f84954cf4011974aad7

彼女は、ボランティア精神に溢れる家族に囲まれて育ったそうだ。日曜日には恵まれない人々へ食事を配ったり、病院で使えるブランケットを作っていた。

ある時、彼女は脳に腫瘍ができた父親が聴力を失ったことをきっかけに、聴覚障がいでコミュニケーションがどれだけ難しくなるかを知った。

その後のボランティア活動を通じて聴力障がいのある子どもたちと触れ合いながら、音がいかに人と人の繋がりを学ぶために重要なのかを認識したという。

いつしか、彼女は「Solar Ear」の創業者と共に途上国の子どもたちへと製品を届けるために、プロジェクトの開始を決意。そして、14歳にして立ち上げた非営利団体が「Ears For Years」だ。

「わたしはまだ若いので、いろいろな道を選ぶことができます。でも、それがどんな方向であれ、ポジティブな変化を生み出していきたいと思っています」

補聴器はすでにブラジル、中国、メキシコ、ロシア、シンガポールで製造が始まっている。現場では従業員として聴覚障がいのある人々も働いている。プロジェクトの詳細や寄付については、ホームページで確認できる。

87e621791b421dd9964c5cab3782bfbe242cbb43
Reference:GoFundMe,
Licensed material used with permission by Grace O'Brien/Howard Weinstein, Take Part, Solar Ear
take_part_logo_closed_100313 (1)
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
高原大輔・高原聡子/ Daisuke Takahara・Satoko Takahara「人生一度きり!世界中をこの目で見たい」という衝動を抑えきれず世界4...
「耳年齢」という言葉をご存知ですか?音の周波数を、どのくらいの高さまで聞くことができるかによって、耳年齢が分かるのです。ここで紹介する動画では、実際に自分...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...