楽しいことばかりじゃない「海外移住」の本当のところ

海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。

でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャーナリストManon de Heusさんが「Elite Daily」に寄稿した記事では、海外暮らしのデメリットを5つにまとめていました。もちろんその暮らしから得ることも多いそうですが、その分失うものもあると語ります。以下、彼女のコラムを紹介しましょう。

私は10年の間に、5つの国に住みました。その経験から、どんな教育や自己啓発本からも得られない、愛と恐怖、そして人生について深く学びました。

今まで自分が信頼していたすべてのものから遠く離れた土地で生きることは、何よりも強烈な体験。海外に移住している人なら、共感してくれる人も多いはずです。

彼らは「その経験が視野を広げ、人生において本当に大切なことを教えてくれる」と言うでしょう。でも、あまり口には出さないけど、数え切れないほどの寂しさや孤独、罪悪感を味わってきたことも事実。海外移住は、決しておとぎ話のように甘いものではありません。

01.
大切な人との別れは
想像以上につらい

6cb7e154514341aebbdfd684e8b7fa4cdc24b1fd

あなたが海外にいく理由をどんなに説明しても、それは利己的な判断だと言わざるをえません。夢を選び、憧れの生活を手に入れて幸せになるのは、もしかしてあなただけかもしれません。

母国で素晴らしい家族や友だちに囲まれていたなら、彼らは本音を隠して「あなたが満足なら、私たちも幸せ」と言ってくるでしょう。あなたに気遣って、疑問や不安の言葉は、口にしないはず。

私がロサンゼルスに旅立った時の、両親の顔を今でも思い出します。これから始まる冒険に思いを馳せ、自分のことばかり考えていたので、彼らの痛みにはまったく目を向けていませんでした。でもあの日の空港で、両親は今まで見たこともないような悲しい目をしていました。そこでやっと気がついたのです。私が思いを馳せていた冒険は、彼らを苦しめるものでもあったのです。

02.
家族や友人が病気の時
すぐに駆けつけてあげられない

594e541ff68426310cb74debc9e8875b000dfaf6

ロサンゼルスに住み始めて2ヵ月が経った頃、仲の良かった友だちが重いガンの宣告を受けました。私はなるべく電話やメールで寄り添うよう試みましたが、本当に彼女が必要としているのは、抱きしめてあげること、泣いている時に肩を貸してあげることだということを知りました。私のおばあちゃんが階段から落ちて入院している時にも、寂しい思いをさせました。病室から電話をしてきて、「私の可愛い孫よ、一体いつ来てくれるの?」と言われたこともありました。

私は大切な人が辛い時、そこにいてあげられませんでした。そして彼らが笑顔の時にすらそこにいてあげられなかったのです。この数年の間、家族の誕生日、ベビーシャワー、友だちの結婚式といったイベントのほとんどを欠席しました。国を跨いだ移動は、時間とお金がかかるので、そんなにたくさんできません。

03.
新しい仲間に囲まれても
強い孤独を感じることがある

私は幸運なことに素晴らしい人々に囲まれて過ごしていましたが、それでも今までに味わったことがないほどの深い孤独も感じていました。

アメリカで過ごしたクリスマスのことは、決して忘れません。3週間前に出会った友だちとその家族と過ごし、彼らはとても優しくしてくれましたが、私は同情心から招待されたことを知っていました。

海外に移住すると、楽しくて素晴らしい出会いがある一方、意味深い関係を築くまでにはどうしても時間がかかります。

04.
自分探しのはずが…
本当の自分を見失う

D33c922e46092ffef3b0c567c31c2f2e7b9cc75e

海外に移住することで、私は想像以上に変わりました。今までは当たり前すぎて気づかなかったような、大切なものを発見したのです。これらはいい変化でしたが、同時に私は故郷へ電話することを徐々に遠ざけるようになりました。

海外に住むと、以前のようには暮らせなくなります。どうにかその隙間を埋めようと、新しい国で新しい家を見つけます。しかしどうしても馴染めず、努力しても100%自分らしくなれないことに気づきます。それは、私が今まで出会ったすべての旅人に共通していたこと。

「あなたの本当の家はどこですか?どこで年をとりたいですか?」。そういった質問に答えることができず、彼らは再び移動をするのです。かつて離れたかったはずの、家の感覚を探し続けるのです。

05.
あれほど仲の良かった
大切な友だちを失う

そう簡単に失われることは決してないと思っていた、幼稚園からの友だちとも疎遠になるでしょう。

01~04で挙げた理由が、大好きだった友だちとの関係性を変えてしまいます。いい関係が続くこともありますが、ほとんどそうはいきません。あなたは新しい友だちとの付き合いが忙しくなり、あれほど仲が良かった友だちの誕生日すら忘れてしまうでしょう。

もしあなたが頑張って、できるだけ彼らに会うようにしても、好意を取り戻すことができるのはその時だけ。一歩間違うと、関係はなくなっていきます。友だちを失うということは、あなた自身とあなたの思い出の一部を失うことになるのですから。

あなたの挑戦には、大きなメリットとともに、多くの犠牲がつきものだということも忘れてはいけません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
カリブ海に浮かぶロアタン島(ホンジュラス)で生活する、フリーライターAmanda Walkins氏は、ワシントンD.C.からの移住組。南の島での実体験を綴...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
友だちとの関係を大切にすることは「信頼すること」「許すこと」そして「感謝すること」を学ぶことができます。これらは、恋愛に置き換えてもとても重要なことだと語...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
人間はさまざまな理由により、他の人を信じられない人間不信に陥ってしまうことがあります。きっかけは些細なことから、とても重大なことまでさまざまですが、人を信...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...