お小遣いを貯めて「刑務所」に100冊の本を寄付した9歳の少年 その理由にあっぱれ!

子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首から下が見えなくなるほど積み上げられた本がありました。

刑務所の図書室に
本を届けたい

この物語の主人公Tyler Fugettくんは、お手伝いで貯めたお金に自分のお小遣いを合わせ、100冊以上の本を購入しました。どれも自分のための本ではなく、ある場所に寄贈することが目的です。母のRebeccaさんとともに地元クラークスビルでセール中の本屋を回り、彼が自ら買い集めたのは、この町の刑務所で暮らす受刑者たちに読んでもらいたい本。

悪い考えが浮かんだときは
本を読むのが一番なんだ。

「悪い考えが頭に浮かんだとき、ボクは本を読むようにしているんだ。そうすれば、その考えもどっかに吹っ飛んじゃうからね。刑務所の中にいる人たちにも、いっぱい本を読んでもらいたい。だって本を読んでさえいれば、そこを出るまで悪いことなんて考えなくて済むはずだからね」。

これが、9歳の少年が寄贈を思いついた動機だということに、改めて驚かされます。自分のお小遣いををはたいてまで、ですよ。「彼に満足させられるような生活ができている訳じゃないけど、彼の好きなようにすればいい。だってとっても良いことをしているんだから」、とRebeccaさん。

じつはTylerくんにもまた、刑務所で過ごした経験のある親族がいることを、母は「ABC News」の取材に対し明かしています。彼の行動の背景に、この親族の経験が少なからずあったのでしょうね。

モンゴメリー郡保安事務所Sandra Brandon広報官の説明では、刑務所の図書は100%寄付でまかなわれているため、書籍を購入する予算はゼロ。Tylerくんの厚意に感謝し、ピカピカの保安官バッジを彼に贈ったそうです。

現在、次なる寄付として洗面用具をそろえ始めたTylerくん。もちろんこれも、刑務所の中で必要としている人たちのためだそう。

インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?作家?それともタイトル?もしかしたら...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...