本が好きだった自分を思い出す、ノスタルジックなイラストたち

親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった学生の頃。

自分でも忘れてしまっていた、そんな本との出会いを思い出させてくれる、素敵なイラストを紹介します。作者は、ソウルを拠点に活動する韓国人アーティスト、J・リーさん。

その1枚1枚が物語のワンシーンのようでありながら、ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

01.
Fall(秋)

Medium 482601018fdec164051ad0ca456b9ca6174bd26f

本を開いたときの「ときめき」は、あなたを少女に戻してくれます。

02.
Invitation(ご招待)

Medium 32cf5298adde14911039253ace7a14bf74ecef7b

なかにはどんな世界が広がっているのでしょうか…。

03.
Cosmos(宇宙)

Medium 5f8301819375cd944a9d3f714f42fa6e72a65223

お話の一つひとつが星々のように。そして、本の世界は宇宙のように。

04.
Heritage
(受け継がれるもの)

Medium 4c6e3ac87a8667311edd2cb3eb3c7230593aea8e

脈々と受け継がれる物語。

05.
Morning(朝)

Medium 4c932be22e357a2dfdcfa8b5e9bfbbc2f784f42e

それは寝覚めか、宵越しか。

06.
Immortal(不朽)

Medium b6810514d2b4364ab7866b5bffd585b5ceb3acf9

いつまでも変わらず美しく、振り返られる存在。

07.
Voyage(航海)

Medium 53674a6f80832f0567077569463d7d7b17131d6e

霧中を航海しているとき、灯台のような本に出会えたら…。

08.
Introvert(内面)

Medium 088de87db62c2498eba450aca17d20fb11157b33

帰るべきところ。

09.
Room of Philosophy
(哲学の部屋)

Medium 11ba3d1ae65ec28907a591e11a9824b6e25b7ac9

部屋のなかで、思考の海を渡る。

10.
Departure(出発)

Medium 4e67c8c39b9461100cc14f039c5d7d5e8d04f7a1

旅と共に。

11.
Hervest(収穫)

Medium e0e484d7a0af2fb404e0c9edd92d16d9232c831c

素敵なものが釣れた。

12.
Into Silence(静寂の中へ)

Medium 0042623f39ffbfff9304ffad8288d70e140af9f1

聞こえるのは、自分の息遣いのみ。

13.
Verse(詩)

Medium 6bdd8022c575f8d40ec72f6fb12661c939db4316

静かに歌うもの。

14.
Calla Lilies(カラー)

Medium 1f516c7f916ac0ec4c7130593d25264863cea288

花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」。

15.
Ark(方舟)

Medium 3bb0c89707d9c98ffc4d94fab5406360a90992e9

新世界へ。

Licensed material used with permission by Jungho Lee
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
はじめて見たときに、ゆる〜い雰囲気に癒されて、今ではすっかり大好きになってしまいました。私の住む街にも、こんな自転車や車が走っていたら、日常の楽しみのひと...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...