「イタリア人じゃなくて良かった。ずっと新鮮に感じられるから」。ノスタルジックな水彩画

イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。

ビクトリア・クラフチェンコさんが水彩画で描いたイタリアの街角も、どこかノスタルジック。

耳をすますと、街を走る電車の音や、ざわめき、教会の鐘の音まで響いてきそうだ。

人生のテーマは
「水彩と建築」

2c8f2c9c13cc985e8eaa190c6710ee635c9e1192

ビクトリアさんは、ウクライナ・キエフ出身の24歳。2年前からイタリアのミラノへ拠点を移した。

もともと建築を学んでいたものの、現在はフリーの「水彩画家」として活躍している。

「私の人生のテーマは水彩と建築で、ふたつは密接に関係しているの。大学での建築の課題がきっかけで、水彩画がもつ軽量感と透明感、予測不可能な仕上がり、という魅力にとりつかれてしまったの。建物や橋、通り、都市などの人工的な建造物は、私の最大のインスピレーションの源と言えるわ」

599b00e41cab8f57882b376d631bf057d09378dc1de3d2e15339cde3119bcdadc01d372a4c2b33ce7894f2a58e4028d48f444943e58ef1e89e8358a0

現在暮らしの中心になっているイタリアは、とくにビクトリアさんのインスピレーションを刺激する。こ

イタリア人に生まれなかったことを神様に感謝しなきゃね。なぜかって? 言語や伝統、歴史を勉強して、新たに文化や、建築、生活様式を知るたびに感動を覚えるからよ」

36981040fa4e7ec8e35e6975c53d26c17ad2c855247c88e8b491ad27e8ac61071f990acf53eb6ba22473a14f1219e6b40d4747542966cd1a7280bc00

ビクトリアさんは現在、水彩画の講師もしているそうです。

「これから水彩画を始めたいと思っているなら、何よりもまずは楽しむこと。上手い下手は考えないでほしい。水彩画は透明な色の層を重ねて描いていくものだから、様々な色の組み合わせを試してみましょう。上達するには、スケッチで構造を学び、とにかくたくさん描くことよ」

Licensed material used with permission by Viví Watercolours
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。と、説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...