水彩画のように描ける「透明クレヨン」が欲しい・・・

コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です!

Medium 47b416a6ae6a255d0f4a84cc805d6a083f5477cbMedium 5e323bf9459a459c7162f7074701405a2b251090Medium 86cac1b916c695d92ee156fc90de0bd1a4cee8beMedium 4450d7162b0ce818c93e6c778f2899a2f140cffa

半透明のオイルゲルクレヨンで、クレヨン、パス、色鉛筆、マーカーの上からも使えます。その特性を活かして色を重ねられたり、指で擦ると色が混ざったりするそう。

そのため、表現できる幅も広く大人でも楽しめる画材になっています。2013年に販売開始されたものですが、リニューアルによってより鮮明な色になっているそうですよ♪

化粧品やベビーオイルなどに使用されている原料から作られているので、子どもが使っても安心。ちょっと絵心がある人にとっては、本気で興味がそそられるアイテムですよね。

この商品「透明くれよん」は、それぞれ税込価格が5色入りで972円、10色入りは1,944円。コクヨのホームページから購入できます。チェックしてみてね。

Licensed material used with permission by コクヨ株式会社
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。と、説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
ガラスのような透明な羽をもつチョウの仲間「グラス・ウィング・バタフライ」(Glass wing Butterfly)が注目を集めている。日本名では、「ツマ...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...