途上国の女性をサポートする「オーディオプレイヤー」

よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど、世界には様々な理由で、その機会が与えられていない人たちもたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。

そこで、ドイツの企業「URIDU」が考案したのが、太陽光だけで動くオーディオプレイヤーです。

9c46115acc4dc0a6656776b4e1e7037b792734f7

この「URIDU Player」は、アフリカの途上国に暮らす女性をサポートするために開発されました。文字が読めなかったり、インターネット環境がなく一般的な情報へアクセスするのが難しかったりする彼女たちをサポートしようという試みです。

197a4ce7662aaf1e208cda66911314b785146a68

健康や栄養、家族計画、育児、仕事の安全性など、400以上の質問と回答が収録されており、音声はネイティブスピーカーによって彼女たちの母国語に翻訳、録音されています。

D28a4d88efedcdd1c67f55270f4f9060fe31b9c6

太陽光電池が内蔵されており、電気の行き届いてない場所でも再生可能。馴染みがない人でも一目で機能がわかるような操作ボタンが並んでいて、録音されている情報から必要なものを選んで聞くことができます。

そもそも、こんなデバイスを買うお金がないのでは…という点は心配無用。地方のNGO、協同組合、その他機関の協力によって、無料で提供されているのです。

モバイル版で
世界各国の女性にも

3ba23c55ffe5089dd3c1d68347c009e76bea9cf069a7cda724a1f9b42ad5301d7b6642b6039cc3d0

録音されている生活のヒントは、ウェブサイトにも公開されています。現在、アラビア語、インドネシア語、英語、スペイン語、フランス語、スワヒリ語、タガログ語、ベトナム語など100ヵ国以上の言語に対応していて、スマートフォンはもちろん、2Gの低速回線の携帯電話やパソコンからもアクセスできるようになっています。

Ab5ea4bb7208795aaa29fb37cd97731d49c16813

彼らは世界中の女性に必要な知識を習得してもらうこと、発展途上国に生きる人々の生活環境を向上させることを目標にして活動しています。その取り組みはまだ始まったばかりですが、世界の貧困の格差をなくすためのきっかけにもなり得るのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by URIDU
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。従来の一般的...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
「ワイルドな頼もしさ」すら感じてしま女性を撮影するのは、フォトグラファーのKarevа Margaritaさん。彼女たちには、白馬に乗った王子の助けなんて...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
誰にでも思い出の曲があると思います。僕の場合は、昔からMIXテープが好きなので、曲単位じゃなくて、曲の順番とか、つなぎとか、トータルで思い出になっています...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...