ウユニ塩湖が「危機的状況」であること、あなたは知っていますか?

ウユニ塩湖の
美しい景観を守りたい!

「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで今、ある問題が起こっていることを知っていますか?

uyuni02

本間賢人(よしひと)さん。彼はウユニ塩湖で現地ガイドを務めており、これまで1,500人以上もの旅行客を案内してきました。そこで、何度も足を運ぶ中で徐々に景観が汚染されているということに気づいたのです。

■ウユニ塩湖の汚染されゆく2つの理由

ウユニ塩湖はボリビア最大の観光資源。現地住民の生活の糧といっても過言ではありません。しかし、観光客が多く訪れれば訪れるほど経済が豊かになる反面、景観が汚染されていきます。原因は以下2つ。

①観光車両のタイヤについた土により、塩湖の土壌が茶色く変化している。②観光客が捨てるプラスチックゴミが大幅に増加。

観光客数を制限すれば、この問題は解決されるかもしれません。しかし、現地住民の生活は圧迫されてしまう…。

content_07df68ba606b95e8ade9789dbed81e2734dbffba 2

uyuni

そこで、本間さんが観光を続ける代替品として思いついたのが「油化装置」です。

■そもそも、油化装置とは?

油化装置とは、プラスチックを加熱、そして液化および蒸留させ、原料の石油に戻す機械。抽出した油は、精製などの追加処理を行う必要もなく、ボイラーなどの燃料や軽油の増量剤として使用できたり、発電機の燃料にも使えます。

content_6d3e302ddd9c93d55245a4b50fc7c02d9728efa2 2
つまり、スナック菓子の袋やペットボトルのキャップなどのプラスチックゴミを、自動車や家電といった機械を動かすエネルギーに変換できるのです。株式会社ブレストが製造しているこの機械は、現在世界40カ国に導入され、多くの人々の暮らしを支えています。

■油化装置がもたらすメリット

もちろん、ウユニ塩湖の美化が一番の目的。ですが、その他にも油化装置を導入することで得られるメリットが3つあります。

①現地住民のプラスチックゴミへの意識変化ボリビアは南米で最も貧しい発展途上国。現地住民のほとんどが十分な教育を受けられておらず、ゴミに対する正しい知識も持っていません。油化装置を導入することで、彼らに「プラスチック=ゴミ」「プラスチック=資源」という意識を芽生えさせることができます。②ドライバーの経済的負担の軽減ウユニでは観光車両、そして農業と多方面にわたってガソリンが使用されています。油化装置でプラスチックをガソリンに変換することで、ドライバーの経済面での負担も軽減されます。③観光プロモーションの一例になるさらに、観光と環境問題の両方への取り組みは、持続的可能な観光産業のモデルケースにもなります。

a1a62bd934013417ec7a22f5d54728eacf599983 2

■ウユニ塩湖の明るい将来のために

「現地の人々が夢のアイデアだと信じている油化装置、そして、ウユニの町、ウユニ塩湖の将来が革命的に変わるであろう、可能性を諦めることができません」と、本間氏。ところが、このプロジェクトの運営団体(Project Yoshi)は設立がまもなく、油化装置導入に掛かる費用は自己資金でまかなうことが困難。
そのため、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で資金を募っています。世界にふたつとない、この美しい景観を守るために、ぜひ協力をお願いします。

uyuni-clean150907-01-1-1_06

001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ→ウユニ塩湖004 日付:2012,02,24「幸せ!感動!仲間と一緒だから、楽しい」 Ab...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...