ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」

ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります。フォトグラファー・Chris Staring氏は、そこで見た景色について「Design You Trust」でこうコメント。

「まるで空が爆発してるみたいだった。今までで一番強烈。数時間、錆びた機関車の残骸に登っては、暗くなるまで写真を撮り続けた」。

ここでは、彼の写真をいくつか。

錆びれた鉄道×大地×夕陽
この組み合わせがたまらない!

D843e83075cd2c173cc02ab1520fe7717d04ea997d5c564b86fbf4f4d9e22987b581711eccd59f38C612044537292b0f5046a839377992c5f5c8f1c9E7f1bfdd1ac087d836d35b716e49f06ee9e7afff4667b4c25844901ad78088d2673641c3888f187c6e8c22b4618590f162462587cb1553488f800d5dB370c76365f47b4523c8557d08b2b323bb21149dB136ef3fae04b4e7800dc3e3daf8f3bb9a5326286a2aae87144d84014afdcf82318c194e7d0d788670bfc62685d416e84ef65aa751db97aa65ff6d72

そのほかの写真は、彼のwebサイトInstagramで確認できます。

かつて南米の輸送拠点だったことで知られてるウユニ。「Atlas Obscura」によると、19世紀に経路拡大計画が持ち上がりましたが、様々な理由で頓挫。鉄道に関連する設備だけが取り残され、人々の記憶から遠ざかっていきました。

100台を超える蒸気機関車などの鉄道車両は、そのほとんどが当時イギリスから輸入されたもの。それだけでも垂涎ものであり、塩風で錆びた見た目から感じる郷愁が旅情をかきたてます。「鏡張り」はもちろん、こちらも忘れずにチェックしておきたいところ!

Licensed material used with permission by Chris Staring

Chris Staring is a street, music, life and travel photographer based in Melbourne who seeks out hidden places to explore & photograph to inspire people to travel to lesser known destinations.
See more of his work on his website: www.chrisstaring.com & Instagram: www.instagram.com/SkareMedia

001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ→ウユニ塩湖004 日付:2012,02,24「幸せ!感動!仲間と一緒だから、楽しい」 Ab...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。全長90...
最近巷で「塩系男子」なる言葉を耳にします。昔から「しょうゆ顔」、「ソース顔」・・・などはよくいわれますが、「塩系男子」とは、どんな人を指すのでしょう?1....
ふと思いました。熊谷市(埼玉県)、多治見市(岐阜県)、館林市(群馬県)の「猛暑御三家」は、毎年夏になるとよくテレビから聞こえてくる街の名前。それなのに、反...
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
世界一周の旅を映像とともに配信する人気ブログ「旅する鈴木」。その主人公は、映像作家の鈴木陵生氏とヨガインストラクターの聡子氏だ。そして、この秋からは、TA...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...