「オレオ」史上最高のトリビア

オレオ(Oreo)定番の「食べかた」あるある。

第1位 クリーム付きクッキー2枚の贅沢サンド
第2位 外したクッキーでクリームをすくって食す
第3位 牛乳やコーヒーに浸して食す

失礼、これあくまでも予想です。でも、だいたいこんなところですよね。で、ここで注目したいのは第3位の牛乳ディップ。かなりアメリカンなスタイルですが、本場では1912年の発売開始から、ど鉄板の王道スタイルだそうで。

何をいまさら?かもしれませんが、この牛乳にディップするのに最適な時間がサイエンスによって解明されたと話題になってまして。これが結構フムフムなのです。

オレオを牛乳に浸すのは
何秒がベストタイムか?

8b35dd88d4a2ada8e9678e1d7b4bf0d5ee5e56cf

牛乳に浸す時間

こんなの「個人の好み」でしかないものを、大マジメに研究し続けたチームがいます。ユタ州立大学のスプラッシュ・ラボ。一応、リスペクトを込めて彼らを紹介しますと、普段は3次元計測器をつかって流体挙動の物理的メカニズムを解析することを研究の主旨にしているとかなんとかで、とにかくヒジョ〜にスキルセットがある人たちによる研究だということは理っておきます。

では、どんな方法で測定したか?

なんでも、オレオがどのくらい長く牛乳に浸かっていられるかをまずは検査。この<ミルクストレステスト>は2週間実施され、そこで解明したのがこちら。クッキーはわずか1秒で液体の約50%を吸収する、という事実。

他のクッキーには通用しません
もちろん、おせんべいにも

ところで、「ベストな浸し時間=ベストな食べどき」でなければ、元も子もありません。重要なのはうまいか、そうでないか。このベストタイミングな秒数は、単に湿ったオレオなわけでもなければ、浸かりすぎてふにゃふにゃボロボロに崩れたものでもない。

さらに言えば、これはグラハムクラッカーや、もしかしたら日本人のおじいちゃん、おばあちゃんがやっている(人もなかにはいる)、おせんべいを熱いお茶でふにゃらせるのに最適な時間とも、まあ違うわけで。オレオ独特の表面の形状もまた流体力学的には重要な要素なのでしょうね。

すみませんっ、引っ張りすぎました。

というわけで、科学が解明した牛乳に浸すベストな時間は……。

4秒!だそうです。

「4秒で最大吸収に到達。これが5秒になると、あなたが求めるようなグッドテイストは得られない、という結論です」

と、スプラッシュ・ラボTadd Truscott博士のコメントを紹介するKSL。インタビューを受ける博士らしからぬTadd氏のラフさに、つい目が行ってしまう動画でさらに詳しくどうぞ。

Reference:Splash Lab, KSL.com
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
要注意!甘い香りが写真の奥から匂い立ってきますよ。マフィン、フィナンシェ、カップケーキ、ドーナツ、パイに、アイスクリーム。お菓子好き、さらにはつくるのも好...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。甘...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...