さすがMIT。この「ロボットアクセサリー」は、ただ動くだけでは終わらない。

ブローチが……動いた!!!

服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。

研究者たちがこのロボットの原型を開発したのは2016年。当時の動画を観ればわかるとおり、最初はパーツがむき出しで、とてもこれを身に着けて出かけようとは思えない見た目だった。

それから1年。研究者たちはデザイナーの力を借り、無機質なミニロボットを「アクセサリー」と呼ぶに足るものへと改良した。

追い求めたのは「実用性」

F5ad171a12279eeac12b94e3bbc4c9a6f78fd4ae

「動くアクセサリー」自体は、3000年以上前からあるアイデア。たとえばメキシコでは、古代マヤ文明から伝わる「Maquech beetles」という生きた昆虫に装飾を施した”ブローチ”がいまでも売られている(ここに動画があるが、虫嫌いな人は閲覧注意だ)。

実は「Kino」プロジェクトの肝は、「アクセサリーが動くこと」ではない。これは実生活で役立てることを念頭につくられた、「動くウェアラブルデバイス」なのだ。

たとえば、形やパターンを変えたり……。

8b6f19c6f50bb388c4ae1d1d0b9a3aaa58d01a1e

服に模様を描いたり……。

097a6a641852450baa20ee066a1c65128addf82c

感温センサーを搭載し、暑くなったらフードを脱がせてくれたり(自転車に乗って手がふさがっているときには便利かもしれない)。

043b67797fbd4f6957efb3a598b2ae577f49d732

あくまでコンセプト段階の「Kino」プロジェクト。しかし、動画を見ていると、自分のTシャツのうえでミニロボットたちが働き始める日も近いような気がしてくる。

Licensed material used with permission by Kino
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
2015年10月の初旬、「US News 」が発表した、大学ランキングが世界に衝撃を与えた。アメリカの名門校を抜いて、初めて工業研究分野で世界トップの座に...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...