94日後の、運命を変える準備。

いつもよりすこし特別な日。12月25日ときけば、漠然と準備をしたくなります。何をしようか、誰といようか、ちょっとでも可愛くなるにはどうすればいいんだろう?とか。

それには、やっぱり準備期間が必要です。こと、イルミネーションも煌々と反射させる “透明感のある肌” をめざすなら、今すぐ行動しないと手遅れかも。なぜなら、夏のダメージが残ったまま、冬の乾燥と戦わなければいけないのですから。

ふいに誰かと顔が近くなっても、堂々としていられる「肌」をつくるために、今夜からあなたの生活に取り入れてほしいのが、コレ。

夏にダメージを受けた肌を
リセットする3つのヒント

Dd6eae418d35ed657b1d908da5e8a0a341a9d301
強い紫外線に当たりつづけ、汗をかき、分泌された皮脂。夏を終えたわたしたちの毛穴の状況は、なかなかシビア。
 
20代〜30代の女性に必要な肌のターンオーバー期間は、最短でも約1ヶ月(※)と言われていますが、ただ汚れを落とすだけでは、毛穴問題の直接的な解決には繋がらないのです。
 
ここで注目したい解決へのヒントは、大きくわけて3つ。肌が適度にうるおっていること肌の表面にハリとツヤをあたえること肌を冷やさないこと。この条件をクリアし、肌を守ってくれるのが「skinvill」なんです。
※個人差があります。
De59208da2af8c1c3c259e0b8080607ca25420e0

肌トラブルは
“冷え”からもくる!

D77ed2b0fe19647d0381074be2d772776034eedb
写真左「スムースローション」。植物から得られるビタミンウォーターに、6種類のビタミンC誘導体をブレンド。 美容液成分を99パーセント以上配合した独自のビタミンレシピで、みずみずしい肌へと導いてくれる。
写真右「モイスチャーミルク」。肌をとろけるようなうるおいで包み込み、ふっくらとしたハリをあたえてくれる。オレンジやシトラスの香りが、眠る前のカラダをリラックスモードに。

肌トラブルの原因には、乾燥だけではなく、肌そのものの “冷え” もあります。そこで、肌の熱を奪いにくくすることも大事にしているのが「skinvill」の「スムースローション」と「モイスチャーミルク」。

スキンケア成分の浸透力やうるおいのキープ力にこだわりながらも、肌を“冷やさずに引き締めてくれるアイテム”です。

夏のダメージ肌をリセットし、さらにうるおいを浸透させるには、最短でもターンオーバー期間とおなじだけの時間が必要。日々の積み重ねが大事なんですね。 

肌に自信がつくと、必然的に誰かとの距離も近くなっていくのではないでしょうか。スキンケアは、クリスマスのあとだって、きっとあなたの運命を変え続けてくれるはず。

9dc6cd0586fdde4cee94dd01029738f176d4ea24
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったく...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザー...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
今年のクリスマスには、満月の夜が訪れます。「The Weather Channel」によれば、これは1977年以来38年ぶりのこと。しかも、次に見えるのは...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...