【ブルックリン発】アパレル業界でゴミ0に挑むファッションブランド

アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。その量は米国だけでも、年間約900万トンにも及ぶのだそうだ。

この大量の廃棄物に目をつけたのが、ブルックリンを拠点として活躍するファッションデザイナーDaniel Silverstein。

モードの匂いがする
絶妙なパッチワーク

5ae80167dd5cc08a68be7aa39c90fdb986c0541b

状況を問題視した彼は、生地の切れ端を集めてスウェットシャツを作ってみた。それをSNSで公開したところ「どこのブランド?」「欲しい!」とポジティブなコメントが多く書き込まれたそう。想像以上の反響があり、2015年には「zero waste daniel」というブランドを立ち上げることに。

6effd721bede9e0b4066fec83e2f59c376b10b1e

「クッキーをつくる時、型を抜いた後の材料を使って、またクッキーをつくるだろ。同じ要領で、服をつくる時に出る切れ端を使って、もう一度服をつくるんだ」

Danielは簡単そうに話すが、その出来栄えは、やはりセンスと経験に寄る部分が大きく寄与している。アイテムは、トップス、ボトムスが中心。2つとして同じものはないのが最大のポイント。モードな匂いのする絶妙なパッチワークは、地元で大きな評判となっているようだ。

Ce298dad672cd3b589efc15c93f91ba2ad559db11c336ba8c3976f885212f0487279ca3ba3ef20a62c0aaaa4c88d9b156a8ca2724cf138a6d4d61ae16cf084c335c4ff41fab3e563adcba5df16e07068E42594adab8be14c12bc5e978248a319d2594bed

アパレルに新たな視点を持ち込んだ功績は大きいと感じた。最近では「エコフレンドリーでない企業はクールじゃない」というトレンドが起きてきてはいるが、地球環境のためにこの流れがさらに加速していくことを願っている。

NYへ行く機会があれば、店舗を訪れてみるのもいいだろう。なお、Tシャツであればオンラインで注文できるようだ(約6,700円)。詳しくはコチラまで。

Licensed material used with permission by zero waste daniel
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...