計画不要。冒険不要。冬の沖縄を「一箇所」で満喫する。

日々の喧騒をわすれるために、リゾート地でゆっくりしたい!と思って旅に出たものの、あれもこれもと目的が増えすぎて、結局忙しく過ごしてしまっている。そんなこと、ありませんか?

これからの季節、南国気分を味わおうと旅先を沖縄に選んだのなら、思いきって行動範囲を狭くしてみるのはどうでしょう。

そんな時にちょうどいいのが、恩納村にある「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」。「あえて」ゆっくり過ごすためにやりたいことが、ここにはあるのです。

静かで、波もおだやか
美しいサンマリーナビーチの
海を眺める

E5cbd4d44af9e451f1693b2aefa3803501a0acc5
Photo by Sayuri Ishii

シェラトンホテルの敷地内にあるサンマリーナビーチの海水は、全国に12箇所しかない、特に質のよい水(※)として認定されているんです。

さらに、ここは他のビーチに比べて静かで波も穏やか。ピークシーズンを過ぎたこれからの季節は「海を眺める」楽しみを堪能しましょう。そもそも沖縄の海はきれいなものだけど、本当にゆっくりしたいときは、部屋から美しい海を眺めたいですよね。

朝起きたとき、遊びから帰ってきたとき、ホテルのバルコニーから眺める景色を、この時だけは自分の生活の一部にしてしまいましょう。

※環境省の水質調査で最高ランクの「AA」を獲得。

Cf0e320559d89f00dbd0dd03b9f27a0b2cc8fd03

日本最長のメガジップで
秋冬の海を体感する

F9640c6feb716bb853a73ba1db90cf6fcbc38f6b

もちろんゆっくりはしたいけれど、その場所ならではのアクティビティは味わいたい。サンマリーナリゾートでは、日本最長の250m、時速30kmのメガジップが体験できるんです。

海の上を滑るように渡っていくから、寒くて海に潜れない季節でも、美しいサンマリーナビーチの海を迫力満点で体感。ダブルラインだから、友達やカップルで一緒にトライできます。

服を着たままできちゃうから、激しいマリンスポーツに自信がない人も、気軽に楽しめるし、大掛かりな準備も必要なし。思いっきり遊んだら、すぐに部屋に戻れるのも、シェラトンホテルならでは。

7a384843f3d6ecda8010bb55c3a8b28b96057852

海の上で
秋の夕日を存分に浴びる

8c154e90d3f037275ad7db26de26a9dbb5773a87

夕焼けがいちばん美しい季節。1日の終わりに、これをサンセットクルーズに乗って、海の上から楽しむのはいかがでしょう?

このクルーズが、ホテルの敷地内から出航していることも大きなポイントのひとつ。あくまで「気軽に」楽しみたいとき、そのままラフな格好で出発して、また同じ場所に戻ってこられるのが嬉しいですよね。いつもよりちょっと特別な散歩気分で、日常では味わえない充足感につつまれるはず。

27ed7d9209147a33fbac686f762de804dbf7bcae

自然の光を感じながら
リラックスする

B1c8a7196032817ea6bebb21db78d7cdb9b80813
Photo by Sayuri Ishii

もちろん、ホテルの中での楽しみも。

たとえば、ヘッドスパやマッサージ。どこのホテルにもあるサービスではありますが、シェラトンホテルは違うんです。通常、屋内の閉ざされた空間でおこなわれることが多いですが、ここは自然の光が入る空間で。夕暮れ時なら、きれいな夕日が差し込んで贅沢感がさらにアップ。

日常では感じられない自然の恵みを存分に感じながらのリラクゼーションで、沖縄までの旅の疲れもリセットしてしまいましょう。

客室にはバスソルトのアメニティもあるから、部屋に戻ってからのバスタイムもまた、特別感を味わえそう。

沖縄の新鮮な素材を
景色とともに、心ゆくまで楽しむ

Aaa1f5e6f0d6c7f05d390f4d50f3ff0f15125845
Photo by Sayuri Ishii

オーシャンビューのレストランやバーも欠かせません。

恩納村漁港直送の魚介類をはじめ、伝統的な沖縄料理が堪能できるオールデイダイニング「センス」と、地産地消にとことんこだわり、新鮮な沖縄の素材を楽しめるオープンキッチンのレストラン「ザ・グリル」は、ぜひ気分で選んで。

数々の大会で優勝経験のあるバーテンダーによるカクテルを味わえる「サンセットバー&テラス」では、名前の通りサンセットを眺めながらお酒を嗜むことができます。

夜のメインイベントで
水中にいるような臨場感を味わう

A7db021ad72ccf178214eebe3d853ec0d4013f2f

メインタワーのアクアリウムラウンジでは、プロジェクションマッピングとウォーターパフォーマンスショーを毎日開催。高さ25メートル、奥行き40メートルの巨大アトリウム全体で、音楽にあわせて演出されるミストや噴水、水中LED照明は鮮やかで臨場感たっぷり。

泊まっているホテルのラウンジが瞬く間に彩られていく圧巻のショーは、大人はもちろん、子どもも楽しめます。宿泊客以外の人でも観覧が可能。

シェラトンホテルで
「本当の意味で」ゆっくり過ごす

F8b52bf7a5418e430f9417755e06d272df0088a3

もしもあなたが、沖縄に行くのが初めてじゃないのなら、あえて行動の半径を狭めてみることをおすすめ。那覇空港から車で1時間、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」に泊まれば、そこからほとんど動かずに楽しめることがたくさんあるんです。

せっかくの秋冬のお休みは、本当の意味でゆっくりと過ごして、徹底的に自分を癒してあげる旅をしませんか?

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1

電話:098-965-2222

282e755224575a7e25c1beaaff84d78c3c414ad9
Top Photo by Sayuri Ishii
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...