首をじわーっと引っ張って、1日の疲れを癒やす。

1日中、デスクワークをしていると、どっとくる「首の疲れ」。帰宅途中の電車の中でスマホを使うことでさえも、おっくうになってしまいます。

だから、少しでも疲れを軽減させるために、寝る前にマッサージやストレッチをしているのは僕だけではないはず。そんな人のための健康器具の紹介です。

10分間、寝るだけで
首の疲れを癒してくれる

Bd27d935acee416c390dd876a4b48e701f055073

The Neck Hammock」は、ドアノブなどに引っ掛けて、頭を専用の枕のようなものに固定して、首の疲れを軽減してくれる健康器具です。だから、使うときに必要な動作は、ただ寝るだけ。しかも、10分弱使うだけでも、効果を感じられるそうです。

0ad4b355574369a00fe71369d02fc116af95fdd6

なぜ疲れがとれるのかをカンタンに説明すると、少しだけ首を引っ張ることで、骨の間隔を広げ、血液循環を良くしてくれるからなんだとか。リリースによれば、これによって、睡眠の質を改善できるし、ストレスレベルも下がるようです。

たまには、休日にマッサージに行って、リラックスするのもアリ。だけど、1回の出費で半永久的に使えることを考えたら、こっちの方がずっと経済的なのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Neck Hammock
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
パソコンやスマホを長時間使った後や、寝違えた時などに首が思うように動かなくなったことはありませんか?首が痛いと集中力が低下して、仕事がはかどらないなんてこ...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
米・ライフスタイルメディア「PureWow」に、デスクワーカー必見の記事がまとめられています。1日中PCで仕事を行っていると、健康上のいくつかの問題が発生...
デスクにあるボタンをポチっと押せば…、なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デ...
2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月...
気温もグンと下がることもあり、これからの季節に多い悩みのひとつが「肩こり」です。1年通して症状がありそうなイメージですが、とくに冬は寒さの影響で、筋肉が凝...
1日中パソコンを使ってカラダがバキバキ。マッサージにいきたいけど時間もない…。そんな人にとっておきのアイテムをご紹介。マッサージ機能付きのパーカー「Ari...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
まるでSF映画から飛び出してきたかのような、不思議な見た目の道具。これ、一体何かというと…。なんだそう。「iTENS」と呼ばれるこのバンデージ(絆創膏のよ...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
通勤電車の中でふと周囲を見渡すと、ほとんどの人は下を向いてスマホに夢中。職場でも長時間PCと向き合い、帰宅してからもデジタルな生活は終わらない。なるほど、...