もっとかわいい民芸品があっていいじゃないか!

「今の住空間にダルマが合うと思う、女性は多いでしょうか?」

これ、「アクティ大門屋」という会社の社長の言葉。決してだるまを侮辱しているわけではない。だって、そもそも同社は群馬県高崎市にあり、140年以上も「高崎だるま」をつくり続けている会社なのだから。

では、同社がつくる民芸品にはどんなものがあるのだろうか?

もちろん、“だるま魂”が生きていることは間違いない。

マトリョーシカならぬ
「はりこーシカ®️」

0487281cd3ad25ea53149b5f428bd2bbe577c7d2

大きい招き猫から小さい招き猫がぽこぽこぽこぽこ。

67a6079957f55b7e631088d60af7ca489560153c

こちらは、鯉のぼりバージョン。

 

かわいい……。

この商品は、張り子でできた同社の人気商品だ。でも、これだけでは、これらとだるまの関係は、なかなかピンとこないだろう。

300年の歴史をもつ「高崎だるま」
絶対に変えられないところは?

E2de397a0f744a9dddbfa0a51b0a37ed2dae9b5e

ひとつ、「縁起物」としての要素をもつこと。

ふたつ、受け継いできた「張り子の技術」。

同社の社長いわく、だるまのこの2つは変えられないんだとか。冒頭のかわいい民芸品は、このだるま要素にもう一段階、独自の「ハリコイズム」が加わって生まれたというのだが。

世界的建築家 ブルーノ・タウトが
高崎に残したもの

07d40aef0824c8469948353b4d50e6d9ac0c9eea

ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR(私は日本の文化を愛す)

ドイツ生まれの著名な建築家、ブルーノ・タウト(1880〜1938)の言葉の碑が高崎に残っている。場所は少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)。タウトは、ナチス政権の台頭に身の危険を感じて日本へ亡命し、達磨寺で2年3カ月の歳月を過ごした。彼が高崎でつくったデザインは1000点以上。去り際に「八幡村(現在は高崎市)万歳、少林山万歳」と挨拶するほど、彼にとって高崎は特別な場所になったことが想定される。

タウトは国際的に高い評価を受けていた建築家だが、タウトがいくら偉大といえども、実際につくる人がいないとデザインは形にはならない...。ここでタウトと職人たちを結びつけたのが、当時高崎で進められていた民芸運動の中心人物であった水原徳言(1911〜2009)氏。タウトは何か思いつくたびに水原氏に相談し、それを受けた水原氏が“誰ならできるか”を考えて最適な職人に依頼していた。そして英語が分からない職人のために、必ず作品づくりに同行していたのだという。

つまり、水原氏の存在なくして、タウトのデザインが形になることはなかったのだ。

今に生きる
「ハリコイズム」

タウト唯一の日本人弟子といわれる水原氏はその後、「アクティ大門屋」の顧問になった。よく話していたのは、“ふだんの暮らしの中で使われてきた日用品の中に美しさを見出し、活用していこう”という民芸運動の話。この話から社長が今に生かしているものが「普段使いの美」

もうひとつ、水原氏は「新しいものをどんどんつくりなさい」というアドバイスを盛んにしていたんだそう。もちろん、なんでもかんでもつくればいい、ということではない。使い手の心の奥底を探り、土地柄や背景などを踏まえた、心に沿ったものづくりを、ということだ。ここの部分から得たものが「本物」と「本質」を大切にするということ。

D90cb123a2a52f1ebc0d9576b54130c957eaf26f
左:犬張り子2号 右:犬張り子1号
犬は出産が軽く多産であることにあやかり、「子宝・安産」のお守りともされる

 水原氏の教えを取り入れ、新しいものづくりに挑戦していった結果、平成元年まで「アクティ大門屋」の制作物の95%を占めていた「高崎だるま」は、気づけば1桁に。「だるま×ハリコイズム」にのっとったオリジナル民芸品は、今、売り切れになるほど全国各地の人に愛され、日々に「ホッ」とする時間を提供しているのだ。

紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当に...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
超がつくほどミニチュアサイズの壺や花瓶や食器。ただ、サイズは小さくても、陶芸としての精度は非常に高く、思わず見入ってしまいます。これらは、ワシントン在住の...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
さて、ひとつ質問を。「あなたはタブレットユーザーですか?」Noと答えた人はこの記事を読み進める必要はありません。でも、Yesのあなたはマスト。だって、みん...