当日の予報は晴れ&25℃以上!「豊洲野音CARNIVAL」が開催間近

この4月29日(水・祝)、新たなフェスが誕生します。その名も『豊洲野音CARNIVAL』。最高のシチュエーション、そしてカーニバルと銘打っているだけに、楽しいコトが満載です!

01.
会場は、ナント渋谷から
約30分というアクセス!

会場となるのは、ゆりかもめ 新豊洲駅から徒歩でわずか30秒という立地にある広場。とにかくアクセスが抜群!なんせ渋谷から約30分で行ける場所なので、気軽にフェスを楽しめちゃいます。
しかも、この広場は夜景スポットでもあるんです。

toyosu_001

会場設営前の写真ですが、こちらはレインボーブリッジ、東京タワー、スカイツリーが見えるというなんとも贅沢な立地。
フェスは20時終演予定なので、当日はバッチリ都心の夜景も楽しめそうです。

02.
豪華メンバーによる
ライブパフォーマンスに注目!

toyosu_003

toyosu_004

toyosu_010

新しく始まる『豊洲野音CARNIVAL』は出演アーティストも超豪華! クラムボン、EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、SOIL&“PIMP ” SESSIONS、矢井田瞳、渋さ知らズオーケストラなどなど。

加えて、その名の通り、カーニバル色もアリ。サンバや和太鼓、伝統芸能といったパフォーマンスも盛り沢山。これだけジャンルレスに世界中の音楽一度に体験できる機会はそうそうありません!

03.
タイ料理からアルゼンチン料理まで
フード&アルコールも充実

toyosu_015

充実したフード類にも注目! タイ料理に沖縄ソバ、ジャークチキンやアルゼンチンタコライスなるちょっと聞き慣れないフードまでが味わえるのも魅力。アルコールを楽しめるお店がたくさんあるのも、うれしいかぎり♪

04.
授乳室やキッズエリアも完備
子連れでも安心♪

toyosu_012
家族連れでも楽しめるのが、豊洲野音CARNIVAL』のいいところ。会場内には、子どもと一緒に遊べるキッズエリアが設置されており、積み木、絵本も用意されています。また、多彩なワークショップも魅力的! ジャグリング体験や藍染め抜染、ヘンプ編みなど、家族全員で楽しむことができます。
小学生以下は保護者同伴で無料、中高生には割引有りというのも、ファミリー層には見逃せないポイントです。

05.
豊洲野音CARNIVAL
チケット発売中!!

都心の景色を眺めながら、キャンプファイヤーを囲んだり、マーケットも多数出店。ここで紹介した以外にも、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力です。

 

気になる開催概要は下記をチェック。チケット販売もすでにはじまっているので、興味がある人は是非一番下のボタンから公式HPヘ!

■公演日 2015年4月29日(水・祝) ■公演時間 開演11:00/開演12:00/終演20:00(予定) ■チケット料金 一般/6,300円 中高生/2,000円(当日販売のみ) 小学生以下/保護者同伴で無料! ※会場では別途1ドリンク代¥500が必要になります。 ■会場 豊洲野外音楽広場 ゆりかもめ 新豊洲駅 徒歩30秒!

btn_toyosu_150406

Sponsored by 豊洲野音CARNIVAL

ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
とにかく音色がキレイ。そして心地いいグルーヴ感が存分に味わえる#120秒。どっからどう見ても怪しいヘンな奴らだけど、そのパフォーマンスは本物。まずは、その...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...