映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・

カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.09.40

満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじめます。「気が利くサービス?」観客たちは、ペットボトルを受け取ります。

スクリーンショット 2015-06-01 4.12.06

スクリーンショット 2015-06-01 4.13.15

ところが、「あれ…?」このペットボトル、いくらキャップをひねっても開けることができません。

スクリーンショット 2015-06-01 4.14.05

連れの恋人もお隣さんも、みんな開けようとキャップをひねってはみるものの、誰ひとりとしてミネラルウォーターを口にできないんです。次第にざわつきはじめる館内。

スクリーンショット 2015-06-01 4.15.25

すると、館内が暗転、映画が始まりました。スクリーンに目をやる観客にこんなメッセージが映し出されました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.16.03

水を飲もうと思ったのに、開かなくてイライラされた方々へ。この子たちが、どう感じるかを想像してみてください

スクリーンショット 2015-06-01 4.17.16

スクリーンショット 2015-06-01 5.42.19

スクリーンショット 2015-06-01 5.42.55

スクリーンに流れたのは、小さな子どもたちが飲み水を求めて、数キロの道のりを行く姿。それがたとえ、汚れた水であってもです。

スクリーンショット 2015-06-01 5.51.08

スクリーンショット 2015-06-01 5.51.56

スクリーンに釘付けになる人々。ようやく、手にしているペットボトルが、いくら奮闘しても開かない理由に納得がいったはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、このドッキリプロジェクトを仕掛けたのは、国際NGO団体の「The Water Project」。アフリカ・サハラ地区へ安全な飲料水の提供と衛生環境の整備を支援する団体です。

深刻な水不足のため、多くの子どもたちの命が失われているアフリカの国々。なかでも赤道直下のケニア、ルワンダ、ウガンダ各国での深刻な水不足を解決するため、井戸を掘り持続的に水が供給されているかを確認するリモートセンサーを開発し、安定供給の実現に貢献しています。

shutterstock_246601219

それでもまだ、水不足の根本的な解決には遠き道のりだと、彼らは寄付をつのるべく、こうしたプロジェクトで人々に喚起を促しているんだそう。以下は「The Water Project」のサイトから、抜粋した水不足の深刻さが伝わる一文です。

清潔で安全な水が不足しています。今も発展途上国では、約1億人近い人々が、安全で清潔な水を口にすることができません。水は生命の源です。ですが、およそ10人に1人は安全な水を飲めず、毎日2,000人の子どもたちが、水が原因で死にいたる事実があるのです。

蛇口をひねれば、安心して飲める清潔な飲料水が止めどなく出る。それを当たり前に感じている人々がいます。反面、安全よりもまず、生きるために必要な水を探し求めて、日々歩き続ける人々が、まだ世界には無数にいることに気づかされる。そんなドッキリプロジェクトに、あなたは何を感じるでしょうか。

Reference : Upworthy
Licensed material used with permission by The Water Project

汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
1950〜60年代、アメリカを中心に隆盛をきわめた「ドライブインシアター」。車の中から鑑賞できる屋外映画館です。テレビの普及などによって徐々に廃れてしまい...
とある広々とした高原に、世界で一番長いウォータースライダーが登場しました。遊園地などで見かけるカーブが連続しているものとは違い、ひたすら真っ直ぐ滑っていく...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...