命がけで直径2mの岩穴にジャンプ!衝撃の結果は・・・

正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビのような羽を広げて揚力を得ているため、感覚的にはほぼ落ちてると表現したほうが的確なアクティビティだ。その危険度は間違いなく世界最高レベル。毎年多くの人が命を落としている。

ここで紹介するのはそんなウイングスーツジャンプで、さらに危険な挑戦を行った男性の話だ。以下にある動画の内容を紹介する。

85singo_shutterstock_247317577

直径2mの岩穴を
ウイングスーツで通り抜ける!

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.53.36

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 21.21.19

動画冒頭、男性が測っているのは自分が通り抜けることになるかもしれない岩穴の大きさだ。その幅たったの2m。なんとこの穴を、止まることなどできないウイングスーツジャンプで滑空し通り抜けるという。まるで針の穴を通すかのような挑戦。無論失敗して激突すれば、死は免れない。

挑戦したUli Emanuele氏はこの挑戦のために3年にも及ぶ調査や準備を行ってきたという。ゴーグルを着けてジャンプへと向かう。

 85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.53.53

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.54.17

遂に滑空開始。

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.54.34

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.54.49

そろそろ目標が見えてきた!

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.55.00

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.55.12

ココからは動画で!

通り抜けた!

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.58.57

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.59.07

85singo_スクリーンショット 2015-07-28 22.59.18

信じられないスピードだが、確かに岩穴の中心を通過することに成功している。一体どんな訓練や計算を行えばこんなことが可能になるのだろうか。

実は彼、過去にも様々なウイングスーツの国際大会で優秀な成績を収めている名手中の名手だ。きっと彼にしかわからないであろう体に刻み込まれた経験などが挑戦を成功へと導いたに違いない。人智を超えたあまりにも無謀な挑戦とその完璧な達成に、世界中の目が釘付けになった瞬間だ!

より詳しい挑戦の内容は、以下のYouTube動画で確認できる。

Licensed material used with permission by Uli Emanuele

「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
ムササビのようにウイングスーツで滑空するエクストリームスカイダイブ、バイクで空中回転するフリースタイルモトクロス、断崖絶壁の滑落にしか見えないダウンヒルマ...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
あと10分だけムニャムニャ…。そうやって毎朝のように眠気と戦っている、そこのアナタ。この特製「布団型スーツ」なら、着替える時間が必要ないだけでなく、職場で...
東南アジアを旅していると、国がどこであれ、たいていの場所で寺院と出会う。さほど有名でなくとも、せっかくだから参拝して行こう、なんて気になるものだ。しかし、...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
仕事の面接に赴いた応募者たちが告げられたのは、合格でも不合格でもなく、次の面接会場。「今から、あの山へ登ってください」。これは、Columbia(コロンビ...
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
カリフォルニアのモス・ランディングはかつて鯨漁船が出ていたことで知られている場所でもあり、今もホエール・ウォッチング・ツアーの名所として人気がある。201...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続ける──。中世末期ヨーロッパに流布した寓話『死の舞踏(La Danse Macabre)』に自らをなぞらえ、命知ら...