ダンボール製『1人映画館』が遂に商品化へ!(笑)

いきなりですが、問題です。

ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるでしょうか?

ダンボール3_R

真っ暗な状態で音を遮断し、安眠を求めている?ダンボール箱の中にアロマオイルの香りを充満させて匂いを楽しんでいる?

残念ながらどちらも不正解です。「じゃあ、一体何してるのよ!」と思った人のために、彼が見ている景色を紹介します。

detail_1033_1437642672_R

そうです。彼は「映画鑑賞中」なのでした。よく見ると、映画館の雰囲気を表現するために用意された“観客”の姿もありますね。

とはいえ、こう言われてもまだピンとこない人もいるかもしれません。さらに詳しく説明するために別の写真を見てみましょう。ダンボール上面のスペースにスマホをはめて、バンドで固定しているのがわかります。

detail_1033_1437725551_R

実はコレ、今年設立されたばかりの企業LUCY ALTER DESIGNが「1人映画館」を実現すべく製作した非常に真面目なプロダクト。プロの設計士と共に開発し、ダンボールを高いクオリティまで昇華させた、その名も『SOLO THEATER』(ソロシアター)です。

同社はこれまでにないアプローチでものづくりに挑戦するファブレスメーカー。日本の歴史と実績あるものづくり技術に、デザインとインターネットの考え方を掛けあわせて新しいプロダクトを開発しています。

detail_1033_1437643318_R

組み立ては道具不要の超簡単設計。フタを被せてマジックテープで止めるだけです。

detail_1033_1437642409_R

あとは動画の再生ボタンを押し、頭から被ればあなただけの映画館の完成。これさえあればいろいろなシーンで自分だけの空間に閉じこもれます。

FireShot Capture - ホームシアターに革命!話題のダンボール製『1人映画館』をついに1111品_ - https___www.makuake.com_project_solotheater__R

たとえば、木漏れ日の中で。

ダンボール2_R

2222_R

もしくは、

ダンボール1_R

鳩の隣で。

 ホームシアターに革命!話題のダンボール製『1人映画館』をついに商品_ - https___www.makuake.com_project_solotheater__R

はたまた階段の途中でも。

88_R

でも、「これなら自分で作れるんじゃない?」と侮ってはいけません。自作のものと大きく異なるのは、次の3点です。

①収納できる!

detail_1033_1437641994_R

専用収納ケースが付属します。使わない時はたたんで押入れにしまえます。

2. 遮光性抜群!

通常のダンボールは茶色ですが、『SOLO THEATER』では、裏側が真っ黒なダンボールを使用。光を吸収し、段違いの暗闇を実現しています。

3. 汎用性が高い!

detail_1033_1437642409_R

アタッチメントを付け替えるだけで、iPhone5 / 5S、iPhone6、iPad Air、iPad miniの4サイズのスクリーンに対応します。

ちなみに、『SOLO THEATER』はクラウドファンディングサイトMakuake」で資金を募っている製品ですが、すでに目標金額を達成している模様。早割特別価格分は売り切れとなっており、現在は3,240円から購入が可能です。

お手頃価格なので、あなたもぜひ試してみては!?

Licensed material used with permission by Makuake

11歳の少女が夢を諦める理由は、「結婚」だった。欧州の映画館では、PG12(12歳未満保護者同伴)の映画がはじまる前に、ある映像が流される。登場するのは、...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
4月下旬も話題作、注目作が続々と公開されています!見逃さないためにもう一度チェック!01.ド派手なカーチェイスが痛快!『ワイルド・スピード SKY MIS...
3月に日本で公開されている作品たち、見逃していませんか?今からでも遅くない、注目の話題作10本をもう一度チェック!01.天才科学者の人生を描く『博士と彼女...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
例えば、羽田空港。保育園やペットホテルも併設されているし、結婚式を挙げることだって可能です。 いまや空港はアミューズメント施設並み。そのトレンドは日本国内...
1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
「パルプ・フィクション」、「キル・ビル」、「ジャンゴ」など、数々の名作を生み出し続けている世界的な映画監督クエンティン・タランティーノ氏。彼が、撮影時もう...