視界の明るさを自動で調節してくれる「スマートアイウェア」が登場!

視界の明るさが自動で切り替わるアイウェアが登場しました。特に自転車に乗る人にとっては便利かも!明るさを認識して、瞬時にレンズの色の濃さが変化します。

 

ロードバイクに乗っている人にとってはもちろんのこと、例えば毎日自転車通勤している、という人にも目を守るためのアイウェアは重要ですよね。長い距離を走っていると、どうしても目にゴミが入ってきたり、飛び石で怪我をする可能性だって考えられます。

でも、実際つけるとなると不便なことが多いのも事実。そのうちのひとつが明るさではないでしょうか。透明なグラスだと太陽が眩しいし、かといってサングラスでは暗いところで視界が悪くなってしまいます。

「CTRL ONE」はそんな悩みを解決するスマートアイウェア。自動で周囲の明るさを認識し、視界を見やすく調節してくれます。手動でも切り替えできるようなので安心。

BlackandWhiteDark RedWhiteOrange

85singo_sszsvzru1ftwvepa20gg

調節できる明るさは3段階。自転車以外にも、車の運転などで大活躍しそう。その他、ランニングやハイキングなどのアクティビティでも便利かもしれません。

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で注目されているのは、Micro USBで1時間ほど充電すれば操作だけの時間で50時間ほど利用できるというスタミナや、明るさを認識して0.1秒で変化するという瞬発力。もちろんノーズパッドやテンプルもつけやすいように調整が可能です。

送料込みで200ドル(約2万5千円)から予約ができるようになっており、発送開始は2015年の11月を予定しています。気になった人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by CTRL Eyewear

ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...