パネル型より35%効率アップ!球体型のソーラー充電システムがカッコイイ

スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソーラー充電システム。
その見た目のインパクトにまず驚きますが、従来のものと大きく違う点は、太陽や月の光を追跡する仕組み。透明な球体を通して一点に集中させた光をパネルへと照射し、発電効率を上げることができます。

この方法で発電を行う場合、従来のパネル型と比較して発電効率が約35%も高くなるそう。第一弾の大きな球体型の発電機は「INDIEGOGO」で資金調達に成功、予約販売が行われています。

85singo_スクリーンショット 2015-08-12 15.59.35

85singo_スクリーンショット 2015-08-12 18.06.11

地球儀のように設置するタイプの「Beta.ray」は、直径1mと1.8mの2つのサイズがあります。それぞれ、1日最大1.1kWh/3.4kWHの電力を生むことが可能で、価格は日本円にして80万円/120万円ほど。

また、その他にもオフィスなどに設置する窓枠タイプも開発されています。こちらは1日に2.5kWhの発電が可能に。なにより外見も未来的で“イケて”ます。

85singo_12499e8a4d5db03d84c799dd24fa7430_original

85singo_ea3a137a8b5997246f2f01759cdeaae1_original

85singo_bed8f23aea5ec4011178e158b7082bf2_original

85singo_b318786881e838c8c91cf24b86045d99_original

85singo_99619e7a6960c823e072a9a793a6e945_original

同プロジェクトでは、この発電方法を備えた建物を6つの大都市に設置する計画が進められており、バルセロナ・ニューヨーク・パリ・東京・ベルリン・ロンドンが候補として挙げられています。

開発を行う「Rawlemon」のHPによれば、将来的には街中の設備や窓ガラスにこの球体型ソーラーパネルを設置し、機能と美しい外観を兼ね揃えたエネルギーシステムを構築する予定だとか。

小型のデバイスも販売中

85singo_0750e1821136e72a71d7fb071a6b4077_original

一般家庭用のミニサイズも発売しています。USB経由で充電が行える小型の発電デバイス「Beta.ey」シリーズなら約2万円から購入可能。停電の時などには便利かもしれません。気になった人はホームページをチェックしてみては?

Reference:Kickstarter , INDIEGOGO
Licensed material used with permission by Rawlemon

「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
ソーラーパネルと言えば屋根に取り付けるものというイメージがありますが、「SolarGaps」はカーテンブラインド型の太陽光発電システム。窓に取り付けること...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...