2022年W杯に採用された「水面に浮かぶ家」が、オシャレすぎる!

自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。

水面にポッカリ浮かぶ
デザイナーズ住宅

WaterNest 100-01

ローマに拠点を置く、イタリア人建築家Giancarlo Zema氏は、海洋公園や水中庭園、フローティングスペースをはじめ、水辺の建造物に特化した異色の建築デザイナーです。ウォーターフロントを知り尽くした彼が、新たにデザインしたのは、生物たちの生態系を邪魔しない生活空間。

「Water Nest 100」は、太陽光発電を100%利用した、まさに生き物と同化する優しい未来型ハウスとして、現在、注目を浴びています。水辺の動植物の生息地に人間が“お邪魔する”気持ち。だから、98%リサイクル可能な資材にこだわり、穏やかな水面にまるで浮かんでいるかのように建てられています。
Zema氏のもう一つの特徴。それが「生物界からインスピレーションを得てデザイン」される、自然でなめらかなライン。この水面の家も「小枝を使って水面に巣をつくる水鳥」から着想を得たんだとか。

アレンジ自在の室内
太陽光パネルで100%自家発電

WaterNest 100-03WaterNest 100-04
屋根の上に配されたおよそ60平米の太陽光発電パネルで、家屋のすべての電力をまかなう仕組み。家屋を支えるメイン素材はラミネート加工の木材を組み合わせ、100平米の開放的な室内を支えています。直径12メートル、高さ4メートルの「Water Nest 100」は、パーテーションを組み変えるだけで、住居からオフィス、レストランやバー、ショップ、展示ラウンジへと用途に合わせてアレンジが可能な設計。
例えば、住居とした場合、ほとんど水面と目の高さが一緒になるため、ベッドで横になっていると、まるで水面に浮かんでいるかのような感覚になるんだそう。もちろん「Water Nest 100」は、湖だけでなく、川岸でも海岸線でも入江でも、穏やかな水の流れであればどこでも建設ができるそう。

サッカーW杯カタール大会で
ホテルとして採用!?

WaterNest 100-05

WaterNest 100-07

すでに中東の国カタールでは、先の「2022FIFAワールドカップ」開催に向けて、「フローティングホテルにWater Nest 100の採用が決定。 Zema氏に発注を開始した」と、「ArchitectureDesignDIY.com」は、このニュースを大々的に報じています。

ちなみに基本価格は、およそ50万ユーロ(約6,760万円)。水の上ということを意識すれば、これを高いと感じるか安いと思うか。セカンドハウスとして考えられなくもないのでは?

 Reference:ArchitectureDesignDIY.com
Licensed material used with permission by Giancarlo Zema Design Group

「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...