「オッパイ」で高級車の加速を疑似体験!(動画あり)

これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね

そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方法が少し変わってます。彼らが計測に使うのは、なんとおっぱい!?

おっぱいで
車の揺れを計測!

助手席に座る、笑顔が素敵なビキニ姿の女性。彼女が被験者です。
th_スクリーンショット 2015-09-25 21.04.52車が加速と停止を繰り返すたびに、彼女の胸は大きく揺れます。

実験に使うのは、イタリア車から日本車までの計5車。超がつくほどの高級車を使っています。
例えば、こちらはイタリア車のパガーニ・ウアイラ。最高時速は370km、価格は約1億4,000万円の高級スポーツカーです。被験者の彼女も楽しんでいる様子。

にしても、揺れます。
なんでもこの動画、男性たちの注目を集め(?)YouTubeでの再生回数は300万回を超えています。
実際に“揺れ”を比較したい人は、こちらから〜!

Licensed material used with permission by Salomondrin

体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
夢に出くる「車」は人生におけるあなたの原動力を示しています。車の種類や色、状態、シチュエーションによって、夢の示す意味が変化します。同じ夢でも、夢の印象に...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
英・イーストミッドランドにある救急センター「NHS Trust」がツイッターで公開したのは、ある男の子からの反省文でした。彼は、ちょっとした出来心から救急...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
NFLの選手と聞けば、華やかなスーパースターを思い浮かべる。しかし「ボルチモア・レイブンズ」のガードとして活躍するジョン・アーシェル選手はどうやらそのイメ...
数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さ...
上の写真。きっと、ほとんどの人はこう思うはずです。「なぜ、砂浜にこんなものが!?」分かりますよ、その違和感。でも、答えはいたってシンプル。なんとここ、車で...