野菜を食べて、ジャンクフードをやめさせるナイスな仕組みとは?(アメリカ)

2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題である」と発言したことがニューヨーク・タイムズ紙にも掲載され話題になりました。

すでにメキシコでも糖分の高い炭酸飲料やポテトチップスなどの加工食品が課税対象となっており、アメリカでも同様の変化が見られるようです。

ジャンクフードに課税開始!
健康食品は非課税に

junk food_103153757

一部地域ではありますが、2015年4月にはアリゾナ州ナバホ自治区で糖分、塩分、脂肪分が高いスナック菓子やファストフード、缶詰製品などに課税が導入されました。5%ある売上税に加え、ジャンクフード税が2%加算される仕組みです。

実は、同地域では健康的な食品(野菜や果物)への課税が2014年10月に撤廃済み。2020年に改めて税率を改定する予定で、いわばテストのような試みと言えそうですが、住民の健康に寄与できるのはないかと期待があります。

一方、ロサンゼルス・タイムズ紙には効果がプラスに働かないのではないかと懸念する声も。

貧困層にとっては逆効果?

junk food86665654

「フルーツが安くなるのは素敵だけど、年金も同時に減ってあまり効果はないと思うわ」

そう語るのはナバホ自治区に住む54歳の女性。彼女の暮らしているエリアは40%もの非雇用者を抱えている貧困地域で、肥満や糖尿病患者の割合が高いことでも知られています。

Mother Jonesによると、ナバホ自治区は十分な野菜やフルーツを取り揃えている店舗自体が少なく、北海道本島並みの広大な土地に対し、生鮮食品を扱う店が10店舗しかないのだとか。そのため、保存のきく冷凍食品やジャンクフードに頼らざるを得ないのではとの意見も。

税収で健康を支援!

junk food242603446

アメリカ心臓協会によれば、国防省契約監査局(DCAA)がこの税収によって生まれる200~300万ドル(約3億5千万円)を基にした住民の健康管理プロジェクトを計画中。その予算の一部を散歩用のウォーキングトレイルやコミュニティ用の施設の設立費、必要なエクササイズ用品の購入費へと充てる予定です。

カリフォルニア州・バークリーでもソーダ税が導入され話題になりました。タバコと同じように、好ましくない食品の税率を上げて健康的な食生活を促す意図もあります。が、もちろんジャンクフードから得られる税収によって社会的なサポートが充実することも考えられます。

ジャンクフード税や健康食品の税率緩和が今後生活や健康にどう影響するのか。もしも日本で始まったらと考えると、新鮮な食品が安くなるので手放しに喜んじゃいそうですが。それでは単純すぎるのでしょうか?

Reference:The New York Times,Los Angels Times,
Mother Jones,AHA

カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
夏は暑さで蒸れるなど、衛生面が気になる下半身。ここでは「Simple Organic Life」で紹介されている腟を健康に保つための7つのフードを紹介しま...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
2011年5月にフィンランドで始まった「レストランデイ」は、今や世界の数百もの国で年に4回も開催されているフードカーニバル。誰でもどこでもレストランのオー...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...