楽しみながらやる。丁寧な暮らしを実現する節約法

丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行いたいもの。

丁寧な暮らしを実現するための、節約法について考えてみました。

お家でご飯やお酒を
楽しむ生活へ

000074002419_Large

外食費やら交際費やら意外と外での外食はお金がかかるもの。ましてや外食が多い家庭などは、食費がかさんでしまいます。ちょっと外食の比率が高いなと感じたら、ちょっとずつでも家でご飯などを食べるようにするのが節約のコツ。

家でご飯を食べるといっても節約志向にとらわれて、安い食材だけでいつも同じように済ませるのは丁寧な暮らしとは言えません。外食するよりは自炊の方が出費は抑えられるので、どうせなら家族と料理作りを一緒に楽しんだり、新しい料理にチャレンジするなどしてもっと、家での食事を楽しみませんか?

宅飲みだって、ちょっとグラスを変えるだけで、もっと楽しくなるはずです。

何事も安いからと
いって良い訳ではない

ブランド品を買いあさったり、欲しいと思ったらすぐに買ってしまうのは考え物ですが、セール品などで我慢して本当に欲しいものを買えない生活は楽しくありませんよね。

実は、安いからと言って良いという訳ではありません。本当に良いものは、長い間使用することができます。長い目で見るとちょっとくらい高くても質の良いものなら、安いものを何度も買うよりも節約になるのです。

ちょっとくらい高くても、本当の自分が気に入ったものは自分へのご褒美だと思って買うのも良いのではないでしょうか。

家庭菜園やお菓子作りなど
趣味を節約につなげる

C

丁寧な暮らしを心がけるのであれば、節約も楽しみながら行いたいもの。節約につながるような趣味をもつことも1つの方法です。

例えば、家庭菜園。日々野菜の成長を楽しむことができますし、成長したら料理にも使うことができます。他にもハーブなどを育てれば、ティータイムや料理のちょっとした飾りつけにも使えて、食卓がより鮮やかに。また、お菓子作りなどの趣味もおすすめです。自分で作るお菓子なら無添加のものや低糖のものも自由に作れて健康にも良いですし、おもてなしにもなります。

掃除をして家が
すっきりすると心もキレイに

家が汚いと心もどんよりとしてしまいます。忙しい方は、毎日5分でも良いので掃除の時間をつくってあげることが大切です。

まず、毎日こまめに掃除をすると汚れが定期的に除去され、しつこい汚れというのが少なくなるので、後々の掃除の手間が省けます。さらに、掃除をすることによって、家に何があるのかも把握できる上、いらないものも出てくるはず。無駄な買い物を減らすことができますし、家電などいらないものをリサイクルショップなどで売ると思わぬ収入にもなります。

毎日気持ちよく過ごすためにも掃除は習慣にしたいものです。

他にもできる毎日が
楽しくなる節約法

ろうそくを使ってみる

78222256

電気代が気になるのであれば、ろうそくがおすすめ。ろうそくと言っても、今は香り付きのものから、おしゃれなものまであるので、ろうそくひとつで部屋をロマンチックに演出することも可能です。アロマオイルを使って、香りに癒されながらくつろぐのも良いですね。

公共施設を利用してみる

_194059064

特に子どもがいる家庭などにおすすめなのが、無料で使える公共施設の利用。住んでいる地域によっては、無料でプラネタリウムや魚を見学することができる施設などもあるので、休日など活用したいものです。

ちょっとの工夫で、日々を楽しみながら節約をすることは可能です。節約を続けていくのなら、節約しているという意識を持たずに、楽しむことが大切。心に余裕ができ、毎日の生活がもっと楽しくなります。今までの生活をちょっとだけ変えて、丁寧な暮らしをしてみませんか。

一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
人生で初めてのひとり暮らし。自分で買い物をしたり家事をしたりと、多くの人は「自立した素晴らしい生活」を期待しているかもしれません。でも実際は、孤独、金欠、...
冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
沢山のモノに囲まれ便利な現代。ですが、それによって私たちの生活は縛られるようになってきました。本当に必要なものだけを残して整理するシンプルな生活は、頭をク...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
「Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で...